風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

孫は息子に似ています

大阪のおばちゃん芸人、上沼恵美子さんが言ってました。「嫁の子供には、生まれた時におめでとう。
次は高校卒業した時におめでとう。それまで触るな。何にも言うな」1号が、自転車の修理に来ました。
c0066514_11441444.jpg
僕が48歳の時に生まれた、小学校の6年生になる初孫です。昔と違って、思春期も年々早く訪れるようで、時折りママは困り事を僕に漏らします。この年頃の、男の子は段々ややこしくなってきます。
息子には、いつも厳しい直球を投げ込んでいましたが、孫には優しく変化球も駆使します。
c0066514_11484331.jpg
近くに住んでいますので、生まれた時からずっと関わっている1号とは人間関係が成り立っており、何でも話してくれますが、ちょっと夏休みの過ごし方や勉強の話に触れますと、ショルダーバッグから徐にマンガの本を取り出して読み始めます。息子と孫は雰囲気がそっくりで、息子も僕に似ているらしい。
c0066514_11542999.jpg

[PR]
Commented by 小肥り at 2013-08-08 18:56 x
理解のあるお孫さんでなにより。
一族郎党が近くにいるってことはなにより。いったん事あらば
馳せ参ずる・・・なにより・・・。
こちら、たいへん暑い日でした。
黒い車が止まってるところは居酒屋「のんちゃん」ですね。
Commented by kazewokiru at 2013-08-08 19:54
小肥りさん
夕刻、高校野球観戦中に震度7の緊急地震速報のテロップ。
待てども揺れはなく、、、後に誤報と発表。
近くの孫どもの事が一瞬過りました。
のんちゃんは既に廃業しておりますが、看板はそのまま。
by kazewokiru | 2013-08-08 11:57 | 家族紀行 | Comments(2)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru