風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

独り言

1985年春。約10年間お世話になった会社に退職の意思を伝える。暑い夏の日、先輩と公園の石垣に腰掛けながら人の流れを見ていた。「人通りが少ないあ、、ここで商売が成り立つかなあ、、」不安と緊張感が入り混じっていた。「商売なんて、やってみないと分からない。もうここでする事に決めた」9月20日退職。退職翌日からお世話になったお得意先へ挨拶回りと開店準備で、あっという間に9月28日開業の日を迎えた。開店前日は、殆ど眠れず朝を迎えた。朝6時過ぎに店のシャッターを開けた。知人友人から多くの花束が届いた。みんな僕の船出を祝ってくれた。まだ青い32歳。小さなお店だけど大きな決断だった。

c0066514_13444161.jpg


最初のお客さんは、開店準備に追われていた前日だった。今ではマンションに建て替わっているけど、以前は大きな家具屋さんがあった。そこの女性従業員さんが、「後にカゴを付けてくれませんか?」たしか2500円の初売り上げ。続いて、オープン前日なのに自転車も売れた。会社では、ずっと営業をしていたけれど、直接お客さんに物を売ってお金を頂くのは初めての事でいささか緊張したのを覚えている。オープン当日は、終日雨が降ったりやんだり。翌日も同様のお天気。自分で店を開いたという実感はなく、ただただ全力で走り続けた。休みを取ったのはオープンして53日目の11月19日火曜日雨の日。その年に休んだのは、その1日だけ。今では考えられない勤務状況が、当時の日記に目をやると記してある。
32歳で小さな店を構えて32年目を迎えるけど、語りつくせない様々な出来事を経験した。その時々に、多くの人々と知り合って鍛えられ物の見方考え方を教わった。63年も生きていれば誰にでも小説の一冊やニ冊は書ける。自分に限った事じゃない。自分のステージを高めてくれる人との出会いは、人生を大きく左右させる。恩師の言う『人生はあみだくじの連続である』岐路に立った時、右に進むか、左に進むか?選択は、過去に培った経験でより良い道標を見つける事が出来るように思える。そして決めたら迷わずに進む。僕は来年64歳。明日、店を初めて32年目を迎える。人生のちょうど半分を迎える大きな節目とも思える大切な自分記念日である。
                      (毎年、この頃になりますと開業当時を回顧しています)

     【追記】 9/28 今日の記念日を覚えていてくれた友人から届いた花。

c0066514_19423930.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2016-09-27 09:28 | 日々の雑感 | Comments(6)

柿を頂く

     近頃は店の開店時間が、段々早くなり朝7時30分には店に来ています。
     閉店は適当(笑)で、日没と共にです。今は、一日約11時間働いています。
     その昔、30歳代9時-20時 40歳代9時半-19時半 50歳代9時-19時

c0066514_10102588.jpg

     近所の大農家のOさんから柿を頂きました。
    「もうワシ百姓辞めるわ。長い事畑したけどもう疲れた。
     嫁さんも腰が痛いから動かれへんし、子供も後継ぐ気ないし」
     先祖からの畑を守って70年。「百姓は儲からんし休めん」が口癖。
     御夫婦仲が良く、十三の繁華街へも一緒に出掛けておられまして、、、
     以前、関西ローカル番組「ちちんぷいぷい」に、お二人が登場していました。
    「十三は聖地や。神聖な場所や」と、ほろ酔い気分で番組内で話しておられた。

    「あんたも長い事、店してるな。もう何年なる?」「今月末から32年目です」
    「そうかぁ、、あんたもわしも若かったなぁ」Oさんは、開業当時からのお客さん。

c0066514_10252015.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2016-09-23 10:29 | 日々の雑感 | Comments(8)

洗濯機を入れ替えに

c0066514_18184852.jpg

     今日は敬老の日でした。89歳になり独りで踏ん張ってる義父宅へ。
     長年使用していた2層式洗濯機が壊れたので、同じ2層式を探し求めて贈りました。

c0066514_1844766.jpg

  長く生活をしていると義父の年代ではモッタイナイ精神も手伝いモノがあふれています。
  昔から時計のコレクターかと思うくらいあります。どの時間が正確なのか分からない。

c0066514_18593875.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2016-09-19 19:01 | 家族紀行 | Comments(8)

祖谷かずら橋へ

c0066514_9155222.jpg

     9/11から1泊2日で徳島県三好市にある祖谷かずら観光に行って来ました。
     秋雨前線停滞中で雨を覚悟していましたが、両日とも晴天に恵まれ観光日和。

c0066514_924198.jpg

        お宿は『祖谷美人』 事前にネット予約をしていました。
        全館で九室しかなく祖谷渓谷の隠れ家のような静かな佇まい。

c0066514_941188.jpg

        最近TVCMでも見る祖谷かずら橋は一度は訪れてみたい所でした。

三好市西祖谷山村にある「祖谷のかずら橋」は、日本三奇橋のひとつとして知られています。重さ約5トンにもなるシラクチカズラで作られおり、3年毎に架け替えが行なわれます。 現在は周辺が整備されており、大型バスやマイカーでも訪れることのできるスポットになっていますが、その昔は断崖を通らなければ辿り着けない「秘境」でした。一歩踏み出すたびに軋んでユラユラと揺れる橋はスリル満点!長さ45m・幅2m・水面上14m。 (国指定重要有形民俗文化財) 参考資料より抜粋


c0066514_9463447.jpg

        紅葉の時期は、もう少し先ですが、観光客が押し寄せている事を考えますと
        ゆっくりと観光ができて良かったと思います。

c0066514_1004626.jpg

      宿の夕食。囲炉裏には牡丹鍋。食べ切れないほどのお料理でした。(右上は朝食)
      元気な間に小旅行を楽しみたいと話しています。あんな事こんな事結婚して40年。

c0066514_9532430.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2016-09-13 10:04 | 家族紀行 | Comments(8)

アホらしくて

     常時ブログネタに事欠いておりますが、アホらしいお話を。真似をしないでね。
     朝夕は秋の気配。日中は、まだまだ残暑が厳しく32℃。明日からプチ旅行。

c0066514_1334298.jpg

            
     客  「チャイルドシートを取り付けてもらいたいのですが、いくら掛かります?」
     店主 「ネットか何かで買われたの?取り付けるだけで良いの?」
     客  「●▲メーカーの☆◆という商品をこれからネットで買おうと思ってるんですが」
     店主 「子供乗せはたくさん種類が有りますから、一概に取り付け料は言えませんが、、」
     客  「さっきの店では、1,500円と言われたんですけど」
     店主 「じゃぁそこで取り付けてもらったら?」
     客  「もっと安い店がないかと思って回ってるんです」
     店主 「自分で取り付けたら一番安いけど」
     客  「ありがとうございました」(渋々)

         ①お持ち込み品の取り付け依頼は喜んでお受け致します。
         ②お持ち込み品の取り付け依頼は御遠慮下さい。
         ③お持ち込み品の取り付けは御依頼内容により対応致します。
     
c0066514_13465621.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2016-09-10 13:47 | 輪談 | Comments(6)

雨が降り出しました

c0066514_11481576.jpg

       毎朝5時半頃に起きていますので、休みの日でも普段通りに目が覚めます。
       いつも通り犬の散歩をして、早くから雑草収穫作業のお手伝いをしました。

c0066514_11524314.jpg

       関西スーパーの開店時刻を待って買い出しのお供。
       月曜は10%OFFで大賑わい。今夜は、孫の好きな焼肉。

c0066514_11571473.jpg

       天気予報通り雨が降り出しました。週明けは雨が続きそう。
       昼から、3号4号の迎え。模範亭主の休日を過ごしております。

c0066514_120651.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2016-09-05 12:08 | 日々の雑感 | Comments(6)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru