風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

根管治療中

c0066514_1439589.jpg
        
          昨日から今年2本目の根管治療
          永久歯32本-親知らず4本-抜歯2本=26本(現有歯数)
          あと10年は、この数を減らさないよう先生に頼んでいます。

          噛みしめると痛み、歯茎が腫れているように感じましたので、
          先々週レントゲンを撮り「何とも無い」と言われていましたが、
          日に日に違和感を感じ、再度出向きまして、、、
          
          患者 「先生、もっとちゃんと診て」(笑)
          医師 「ゴメン、この前は何とも無かったけど」
          再度レントゲンを撮り、、写真を見ながら、、
          医師 「まだ初期段階ですけどココの色がぼやけてる」
          患者 「またアレするの」
          医師 「そうやね」

c0066514_10343827.jpg

         
          
[PR]
by kazewokiru | 2015-10-31 10:36 | 日々の雑感 | Comments(2)
c0066514_10192119.jpg

     愛犬が、病気になった時は、昔からいたみ犬猫病院でお世話になっています。
     スタッフの皆さんはとてもフレンドリーな方ばかりで24時間対応して下さいます。

c0066514_9354525.jpg

      ラブちゃんの体調異変に気付いたのは6/12夕刻。
      家内から仕事先に連絡が有り、慌てて病院へ連れて行きました。
      「このままだと、、あと1週間」との診断。
      その日から19週に渡り治療を受け、昨日で一連の治療を満了して元気盛々。

c0066514_9431014.jpg

      治療満了のご褒美にドッグフードとお散歩用バッグのプレゼント。(笑
      発病時の体重24,8kg→31kg元に戻りました。

      病院の玄関にラブラドールの置物が、背負っているリュックが空っぽ。
      その事が、気掛かりだった家内は、無理やりフラワーアレンジメントを盛り付けています。

c0066514_9581674.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-10-28 10:55 | 家族紀行 | Comments(4)

甲子園浜>貝殻拾い

    自宅から車を走らせ20分。誰に似たのか5分おきに「あと何分で着くの」と尋ねる。
    車窓からは、武庫川沿いに咲く満開のコスモス畑。真っ青な空が美しい。

c0066514_1035289.jpg

    ドングリ拾いに山へ行くか?貝殻拾いに海に行くか?甲子園浜へ行きました。
   
c0066514_10494163.jpg

    広い砂浜には、釣り人3人と私達だけ。魚が海原を飛び跳ねています。
    おじさんが、釣った魚に興味津々。物おじしないので、おじさんに話しかけます。

c0066514_10534383.jpg

        海の中に綺麗な貝殻を見つけ、急いで靴を脱いで海に入りました。

c0066514_1155223.jpg

     2時間余りで拾い集めた貝殻を選別。貝殻は、ねんどに張り付けデコレーションに使います。

c0066514_11103453.jpg

          ちょっと遅めの昼食。トキメキ3号と二人のデートは楽しい。

c0066514_1111524.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-10-27 11:13 | 家族紀行 | Comments(4)

運動会と発表会

      どんなに思い出しても自分の子供達の行事に参加した記憶は殆どなし。
      息子の幼稚園の運動会、中学野球部の試合、娘の高校入学式、、その程度。
      孫に至っても送迎はあるけど一度も無い。いつもビデオで見ているだけ。
      たまには集団の中での振舞いをじっくりと見てみたいものです。

c0066514_1054978.jpg

      10/10 幼稚園の運動会。若旦那は朝3時半に一番乗りをして開門を待ったみたい。
      2番目に陣取りに来られた父兄が4時半だったらしい。熱心さに頭が下がります。

c0066514_10205494.jpg

      10/24 小学校の総合発表会。絵画書道の展示やホールでの演劇がありました。
      皆さん、長いセリフを覚えています。3号は全員の台詞を暗記して傍らで喋ってくれます。

      「じぃじ 月曜はたのむわね」 振替で明日はお休み、今夜はお泊りです。
      予定していた車検をキャンセルして、昨年捻挫した公園へ仇打ちにでも。

c0066514_1027250.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-10-25 10:33 | 家族紀行 | Comments(4)

今日もTシャツ

     朝食は、いつもコーヒー&トースト。
     横に来て僕の目とトーストの耳を交互に見つめ、アイコンタクトをしてきます。

c0066514_1215440.jpg

    
     『まて!』掌をラブちゃんの目の前にかざしますと、悲しそうな表情。
     そのまま知らん顔で放っておくと、涎を垂らしますので、寸前に『はい いいよ』

  犬の苦手な方には、大型犬と中型犬が、家の中でウロウロしているのは、許せない事でしょう。
  レトリバー特有の病気に罹り心配しましたが、元気になりました。治療が、功を奏し寛解中。

c0066514_12243845.jpg

     
    本日お渡しする電動小径車とロードバイク。こちらも何とか孤軍奮闘、継続中であります。

c0066514_13125180.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-10-21 13:27 | 日々の雑感 | Comments(4)

黒豆収穫>やや不作

c0066514_1044985.jpg

          昨年に続き今年も多可町東安田へ黒豆の収穫へ行って来ました。
          現地10時着。既に大勢のオーナーさんが作業をされています。
          今年は県内外76世帯145口、村内30世帯65口の申し込み受付。

c0066514_1052851.jpg

       昨年は、大雑把に切り出して持ち帰り、家内は一晩かけて黒豆を単体にしました。
       反省を踏まえて、現地で黒豆だけを摘むことに。
       お隣の畝でも「今年は実が少ないなあ」の声が聞こえます。
       それでも収穫した量はかなりなものです。帰宅後、ご近所に配達。

c0066514_10583733.jpg

       収穫に2時間近くを費やし、近くの神社へ足を運びます。
       境内では、出店(金魚すくい、ボールすくい、ポン菓子、焼きそば、フランクフルト、
       綿菓子、おでん、アイスクリーム等々)は、殆どが50円~100円。

c0066514_115436.jpg

       やがて抽選会が始まります。昨年は数多くゲットしましたが、今年は外れ。

c0066514_1173124.jpg

     初夏を思わせるような汗ばむ陽気の中、収穫を終え、お決まりのへそ公園へ向かいます。

c0066514_1110433.jpg

     へそ公園で遊び、夕飯の買い出しを兼ねて近くの道の駅「北はりま」へ。また来年。

c0066514_1112289.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-10-19 11:14 | 家族紀行 | Comments(4)
c0066514_13958100.jpg


ここに本人が記した学校名、クラス、住所、氏名、電話番号のメモが有ります。
僅かな修理金額ですが、学校帰りで持ち合わせがなく、翌日に持参をするとの事でした。
9月10日ですから、既に1ヶ月以上経過しています。どうしたのでしょうね。
今でもこの前を通っているのでしょうか?もう顔は忘れたけど、大人しそうな学生さんでした。

同業の友人Mは、学生街に店を構えていまして、今まで度々同様の経験をしています。
催促の電話をすると①居留守②明日届ける③忘れてた、、、巧みに色んな言い訳をするようです。
それでも持参しない場合は、請求書と共に「入金なき場合は、警察と学校に被害届を提出します」
これが一番効果が有ると言っていますが、ここまでしないと本人の為にならないのも頷ける。

c0066514_13204812.jpg


     先日、とても丁寧な言葉遣いで問い合わせが有りました。
     「仕事で3日間ほど自転車を貸して頂きたいのですが、レンタサイクルはありますか?」
     お困りの様子を察しましたので、レンタサイクルは無いけど「有ります」と即答しました。
     「夕方に伺いますので宜しくお願い致します」 急いで作ったけど、、、来ない。

     仕事に関しては『1mmの違いに気付く人間になる』を心掛けていますが、
     お題目は先方さんに関係のない事。思いが通じないのは、割に合わないわ。

c0066514_13325036.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-10-17 09:00 | 輪談 | Comments(4)
初物食いで興味津々ですが、これに似た更新では過去に何度も何度も厄介な痛い目に合っています。
windows10の更新予約はしていませんが、頼みもしないアップグレードの案内が届きます。

c0066514_1221089.jpg

     更新を試み『同意する』に☑を入れましたが、調べますと、やはり不具合が出ています。
     思い留めて更新寸前最終画面の表示で『同意しない』に☑を入れてキャンセルしました。
     自力で解決出来る範囲なら良いのですが、面倒くさそうです。

     http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12147665842
     http://matome.naver.jp/odai/2143998179069759101
     http://fortune-work.com/2015/windows10-3.html 
     
     それと最近【meiwaku】メールが、大量に送信されて来ます。
     対処法としてフィルタを掛けメッセージをゴミ箱直行に設定していますが、
     トカゲのしっぽ切りで、攻撃が一向に収まりません。これも面倒くさい。

c0066514_12145464.jpg


windows10更新プログラムを受け取らない方法を調べて辿り着いたけど、コレで良いのかなあ。
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc731745.aspx (▼クリックすると大きく見えます)

c0066514_13444240.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-10-15 12:15 | 日々の雑感 | Comments(2)

老いるということ(2)

            昨日は、臨時休業にして義父の入院先へ。
            先日は、渋滞のため1時間半を要しましたが、40分で到着。

c0066514_23155936.jpg


  病院の食事は、一切口にしない。点滴は勝手に引き抜く。夜中にトイレに行き迷子になる。
  この日の検査では数値も下がり、本人の強い意思により「強行退院」致しました。

       少し前まで、私が手を貸すと「年寄り扱いするな」でしたが、
       今では、子供のように自分から私の手を自然に求め握って歩きます。
       院内を車椅子で移動させ親孝行の真似ごとを経験しました。

c0066514_23293194.jpg

     
     義父は、7人兄弟の末っ子。祖母の寵愛を受けて育つ。結婚後は、亭主関白のお手本。
     比較的ストレスが溜まりにくい環境の下で幸せな人生を経て来たように、私は感じます。
     義母を見送って約4年を独りで過ごし、時々世話に訪れる娘に何を託しているのでしょう。

     自宅に戻るなり、庭先の落ち葉が気になり掃除をし出します。(代わって私がやりましたが)
     足元がおぼつかないので、近くにあるコーナンで手すりを買い求め取り付けました。
     新しいステージへ向けて、自分の親には叶わなかった手伝いが出来る喜びを感じています。

c0066514_23413115.jpg


     
[PR]
by kazewokiru | 2015-10-12 09:00 | 家族紀行 | Comments(6)

老いるということ

 昨日、午後4時頃の事。私の仕事場に電話がありました。
「M市救急隊のAですが、お父様が庭先で転ばれたようで、、、
お見受けした所、大したケガはありませんが、念のため病院へ搬送致します」
庭で座り込んでいるのを近所の方が通り掛かりに見つけ、救急車を呼んで下さったようです。

c0066514_9394324.jpg


しばらくして、再度救急隊の方から「T病院へ搬送致しましたので、宜しくお願い致します」
T病院からも連絡が有り「何時頃にお見えになられますか?先生からお話があります」

店を早めに閉店し病院へ向かうも高速道路10km渋滞。7時前、T病院に到着。

車椅子に座って「あぁ、、腹減った。煙草が吸いたい」普段通りの元気さです。
血液検査の結果とCT撮影した画像を見ながら、若い主治医の診断を聞きました。
体の一部に炎症反応が診られ、これが原因で熱が有りふら付いて転倒。
「しばらく入院して頂いて炎症を抑える治療をしましょう」
義父は、立ち上がろうとして「もう家に帰る」と、言ってます。

義母の他界後、一人で生活をしています。
身の回りの事は、自分でこなし、時折り家内が世話に訪れる程度の昨今でした。
若い頃から「綺麗好き」で、義母が掃除をしている所を見た事がない。
とはいえ、88歳の年齢を考えると、昨日のような事が、いつ起こっても不思議ではありませんでした。
根っからの医者嫌いで、入院など義父の辞書には無かった事でしょう。

本人は看護師さんからの説明で入院を承諾。しかし、5分後には聞いていないと困らせましたが、
何とか説得。ベットに入るなり直ぐに寝息を立てていました。



c0066514_10172310.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-10-10 10:21 | 家族紀行 | Comments(3)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru