風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

万博記念公園へ遠足

       初夏を感じさせる陽気。4号の遠足に運転手で同行。
       いつもの事で行く前はグズグズ、車内でもウジウジ。

c0066514_173854.jpg

       車で現地まで30分。現地集合、現地解散。
       到着後、ど~~~んと出迎えてくれるのは、岡本太郎作『太陽の塔』。
       上が正面。真ん中は背面。大勢の遠足客を避けて撮るのは至難の業。

c0066514_17414018.jpg

       私達を育んだ昭和の高度成長期。時の総理は佐藤栄作氏。
       華やかなパビリオン案内嬢は昭和の面影。

c0066514_17442110.jpg

       ▼日本庭園に通じるバラ園。バラの開花までもう一息です。

c0066514_17484059.jpg


         しばしの間、長椅子に腰かけ、風を感じつつ瞑想と時間潰し。
         日本庭園はいつ来ても手入れが行き届いています。素晴らしい。

c0066514_17521183.jpg

         ▼亀の甲羅干し。置物かと思うくらいずっとこの姿勢のまま。

c0066514_17535372.jpg


         万博最終日に悪友3人と遊びに来ました。たしか、乗り物は乗り放題だった。
         孫のお陰で束の間の良い散策時間を過ごす事が出来ました。

c0066514_1804885.jpg


    もう45年もの間、じっとそびえ建っている太陽の塔は健気です。

c0066514_1874469.jpg

         
[PR]
by kazewokiru | 2015-04-28 18:09 | 街角の風景 | Comments(4)

お元気な高齢者

   85歳になられるご主人を支えながら82歳の奥様は、草花のお手入れに余念が無い。
   朝6時前起床、近くの公園でラジオ体操。週1日はヨガ教室。この生活は30年来変わらない。

c0066514_1095117.jpg

   美容室を経営している友人W君が言うには「お客さんの年齢層は、店主の年齢に相応しい」
   最近、特に感じるようになりました。以前と比べて、ご高齢のお客様が多くなったこと。
   80歳を超えて自転車に乗られるのはお元気な証。当店、最高齢のお客さんは94歳男性です。
   
   高齢者の方と話をしない日は、まずありません。毎日、同じ方が来店される訳でもありません。
   戦争体験記、過去現在の病気、連れ合いとの馴れ初め、趣味、現職時代の話、多岐にわたります。
   以前に伺った話を初めて話されるような方もおられますが、「年寄り笑うな」です。
   適当な画像がないので、たった5分ほどの間ですが、道行くご高齢者の後ろ姿を追いました。 

c0066514_10354172.jpg
  
   リタイア後、自称「百姓」に転身。野菜を届けて下さる剣道師範のK翁は筋金入りの86歳。
   毎朝6時過ぎから自転車に乗って貸農園まで30分。今日は、早取りの玉葱を頂戴した。

c0066514_1037508.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-04-24 10:49 | 人間観察記 | Comments(4)

通園通学の送迎

統一地方選挙後半戦が始まりました。大変お世話になっている先生は、前回の選挙と同じポスターです。

c0066514_1891036.jpg

   孫2人が入園してから今まで以上に重宝されています。どんな一日か、代わってみました。
   今日は朝からの雨。定休日の雨は嬉しいけれど、朝からこの時間まで、振り回されました。

c0066514_18153170.jpg

朝7時30分マンションまで迎えに行く。下は「ヨウチエン イカナイ」と、毎朝泣いています。
自宅から車で20分ほどで学園に到着しますが、幼稚園と学校の始業時間に20分の時間差があります。
その時間差のため、当初は一人一人別々の車で送っていましたが、燃料費も毎日となりますと嵩みます。

c0066514_18295695.jpg

幼稚園は行ったと思ったら帰って来ます。11時にお迎え。まだ上手く歩けないので抱かれています。
学校の迎えは、最寄駅に3時。車に乗り込むなり、図書室で借りて来た本を黙々と読んでいます。
家内は、可愛い孫のため懸命に手助けをしていますが、過保護は自力が付かない、、、程々に。

c0066514_18243096.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-04-20 18:43 | 家族紀行 | Comments(4)

父を想う

  今日は、久しぶりの快晴。カラオケでよく歌う徳永英明をyoutubeで流しながらUPしています。

c0066514_11144997.jpg

 大正生まれの父は、出来の悪い僕にいつも言ってました。「人間は信用が第一」
そして、僕が息子に言ってた事は「自分の事で 自分以外の人に 迷惑を掛けるな」です。
おそらく息子は忘れていると思いますが。どちらも親子2代続きで相当な困り者でした。

 僕が生まれた頃、父は自転車の問屋に勤めています。これは母子手帳に記されています。
夕刻になると母に手を引かれ自宅から2Km近く離れた阪神尼崎駅まで、地下道をくぐり改札口から
押し出される大勢の通勤客の中の父を待ったのを覚えています。4歳下に妹がいますが、迎えに行ったのは母と僕なので3歳頃の記憶になります。3歳児には遠い距離ですから、行きは母、帰りは父が背負ったのでしょうか。親子3人の帰路には良い時間が、流れていたように思えます。

 大人しく几帳面な父でした。手先が器用で引き出しの付いた食器棚まで作っていたのを覚えています。小学校しか出ていませんが、字が上手で正月近くになると近所の方に年賀状書きを頼まれていました。

 「将来、何になりたい」「新聞記者になりたい」今でもそう考えていますが、父は反対しました。
おそらく父にはイメージが悪かったのでしょう。親の反対を押し切る程の言葉も持ち合わせておらず、
父の世話で父と同じこの業界に入りました。すでに40年を超え、父より長く関わっています。

 51歳で早世しました。遺志を継いで(笑)、しぶとく仕事を続けていることを褒めてくれるかな。
亡くなる前の年に 僕が写した写真と共に 優しかった父はいつも店に居ます。明日は、命日。

c0066514_1272793.jpg

 
[PR]
by kazewokiru | 2015-04-16 12:13 | 日々の雑感 | Comments(8)

今日から年少さんです

 先週、姉の入学式に続き、昨日は、妹の入園式でした。入学式、入園式ともに雨。両日ともに送迎係。
園のHPを見ますと、4号は娘に抱っこされ 若旦那がビデオ撮影をしている様子がUPされています。
小さな画像でしたので最大に拡大して切り取りました。
運悪く先月末に右足を骨折しており、まだギプスを装着して式に参加しています。
 入園式の数日前、お医者さんに診て頂くと「もう骨折箇所はくっついてます。歩いてごらん、、、」
ギプスを外してみると、正座はするのに、歩かない。ギプスをすれば怖々歩きますが、外すと駄目。
「歩きなさい!」と、言っても無視して黙っています。
 入園式の様子をビデオで見ましたら、園の先生も気使って、傍らで御機嫌を伺って頂いていますが、
終始、笑顔なく言葉も発さず目も遭わせない。人見知りを全くせず、愛想 の良い姉とは大違い。
 姉妹は、入学式と入園式を無事終えましたが、環境の変化で、いきなり4号は39度の発熱。

c0066514_16424957.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-04-14 16:45 | 家族紀行 | Comments(4)

今日から一年生です

     花散らしの雨が、朝から降り続いています。3号は待望の入学式を迎えました。

c0066514_16481820.jpg

     お世話になる小学校は、奥に見える桜の木を右に曲がった所にあります。
     礼服を着て出席したいのは山々でしたが、運転手。名代として息子が出席しました。

     昨日は、今日の入学式のための練習があり家人は4号を連れて参加しました。
     教職員を始め全児童が、新入生を温かく迎えて頂いている様子を話してくれました。

c0066514_1704414.jpg

   入学式の様子は、撮影したビデオで見ました。やはり、これは一人で見ると泣けて来ますね。
     
                   一年生になりました。

c0066514_1745668.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-04-10 17:10 | 家族紀行 | Comments(2)

もうすぐ入園と入学

c0066514_18511774.jpg

         ▲今日から沖縄旅行の予定でしたが、4号の骨折で断念。
         
         本日、キッザニア甲子園を予約していましたが、前夜の発熱で断念。
         今日は熱が治まったようで、3号からメールが届きました。

c0066514_1853261.jpg

           4号は骨折していますが、ギプスをしていますので痛がらず、、、
           3号は昨日38度後半の高熱でしたが、部屋で暴れまくって、、、
           子供の怪我、病気は大人が心配する程ではありません。

c0066514_19105394.jpg

           2日程、家に篭っていて退屈そうなので、外に連れて行きました。
           体調は、すっかり回復。怖い程食べます。
           家具屋さんへ行き、学習机を物色している間、ベットで戯れております。

c0066514_19161793.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-04-06 19:24 | 家族紀行 | Comments(4)

浦島太郎になった

     4月1日は雨のスタート。目の前にある公園の石垣や遊器具は雨に濡れています。

c0066514_100031.jpg

 昨日、元勤務先へ久しぶりに電話をした。
昭和49年秋。問屋3社が合併し、その中に大手メーカー資本が入った新会社が産声を上げます。
当初10名程度の小さな会社でした。僕は、先兵隊第一期生で10年間勤務後に起業しました。
バブル崩壊後、大小のメーカーが再編淘汰され、紆余曲折を経て大きく成長し今日に至っています。

c0066514_10182768.jpg

 電話に出たのは、全く知らないK君でしたが「僕の事を知っている」と、言う。(名前を聞いた事が有ると言い換えた方が良いみたいです)「昔、当社に居られた方ですね」「所で、O君はそこに居る?」
「はい、O部長は、今は会議中で席を外しています」「O君は部長に!?しかし、相変わらず、会議の好きな会社やな(笑)」しばし会社の懐かしい同僚や後輩の動向を尋ねてみた。同僚は殆どが定年退職をしており数名が残っている程度。また、近畿圏を任される職責にまで昇進していた後輩の名を聞き驚く。

 当時、ルートセールス以外に新規店開発の仕事を任されていた時期が有り、地図を片手に数多くの販売店を訪問し新規の取引をお願いして巡回を重ねていました。今では、新規取引を始めるには●●万円の
保証金を積み、おまけに保証人まで要るというハードルの高さを聞き、時代の変遷に再度驚く。

 起業後、小さな城の中にだけ立て篭もり、外の景色を眺める余裕が無かった事を電話に出たK君との
会話の中に時の経過を感じた。古巣の今を知ってどうなる事でもありませんが、まるで浦島太郎状態。

 恩師がよく口にされる「人生は後戻りの出来ないあみだくじの連続」次の、あみだくじが楽しみ。

c0066514_10535488.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-04-01 11:00 | 日々の雑感 | Comments(8)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru