風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

街の専門店

     本日の大阪16度。一気に春の陽気ですが、このまま季節が進むとは考え難いですね。

c0066514_11112821.jpg

商売を始める前、10年近く自転車の販売会社で営業をしていました。京阪神、北摂方面のテリトリーを営業で巡回していましたので、その地域内にある殆どの販売店さんを承知していました。
商売を始めた頃、僕の職歴をを知っている様々なメーカーの営業職の方々が「お店を紹介して欲しい」と、よく頼まれたものです。紹介するのは簡単な事ですけれど、長年お世話になった会社に他社を紹介するのは義理を欠き、恩を仇で返す行為になるので閉口したものです。

c0066514_113717.jpg

今から思えば、商売を始めた頃は「街の自転車屋」さんは、総じて元気な時代であったように思えます。
30年前ですから、今でもお付き合いのある販売店の店主は若くギラギラとしていました。僕を含めて。

先週、飛び込みで新規参入メーカーの若い営業君が来まして、、、中略、、、「お店を紹介して欲しい」
久々に市内や近郊の業者名簿を見直し、改めて驚きました。「街の自転車屋」さんは、激減しています。
感覚的に我々の専門店も例外なく減少している事は分っていましたが、何とも複雑な心境であります。

c0066514_12453161.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-02-23 12:58 | 輪談 | Comments(6)

小橋先生の思い出

昨日、日頃懇意にしている 近くの中学校の校長が来店し「小橋先生が、先程亡くなられたようです」と、連絡を受けました。一瞬、何の事を言っているのか 頭の中の整理が付きませんでした。
小橋先生の事は、度々ブログに記しています。
高校卒業以来、お目に掛る機会を得ませんでしたが、ある日、当店の前を見覚えのある後ろ姿。
右肩を少し傾けて通り過ぎる所を見つけ「小橋先生!」と、声をお掛けしたのが7年近く前の事。
それから度々、ご来店を頂いていました。
闘病中の昨年も 奥様とご一緒に来店され 抱き合ったのが嘘のようです。

同一校で38年間、勤務の後、青少年補導をされていた頃にお目に掛かり「非行少年にも夢はある」と、
昔のような熱い眼差しは少しも変わっていませんでした。
その後は、大阪府立島本高校硬式野球部監督として活動され同校のHPには「卒業・・・みんなに感謝」の表題で、最期となった記事が記されています。
mixiでは、闘病生活を記され その都度コメントをさせて頂いておりましたが、1週間ほど前の記事に対するコメントが無く、その内にコメントを付けられるだろうと、思っていた矢先の事でした。

小橋先生には3年間 ご指導を頂きましたが、年数以上にどっしりとした中身を今も感じています。
大人の意見等 聞く耳を持たない多感な時期でしたが、目線を同じく接して下さった先生には 
誰もが胸襟を開き接していました。同窓生と集う時、先生方の話題になると 先ず「小橋先生」でした。

    小橋先生の訃報はネットでも報じられていました。    ご冥福をお祈り致します。

c0066514_1602291.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-02-19 16:11 | 人間観察記 | Comments(2)

昨日は休日

c0066514_1039614.jpg

こんなに良いお天気の定休日は 休むのが勿体ない。若い頃なら 間違いなく営業していたなぁ、、、。
常用している薬が切れたので かかりつけ医へ。ここは開院して4年目。まだ40歳位の若い先生。
いつも空いている。待つのは嫌だけど 空いてる病院も 何だか、、、28日分の処方箋を頂く。

c0066514_10454817.jpg

家人は 爺さん宅へ。一人で4号の世話。ちょっとした反抗期。目下、幼稚園行かないが口癖。
何を言っても問いかけても 反対の事を言う。「ジィジ もう帰るね」これが、一番の特効薬。

c0066514_10504095.jpg

ストーブの掃除をしていて 右手首に酷い火傷。家人に言うと「それはそれは」で、終わり。
娘は 火傷を見つけ 薬を塗って 水をはじく バンドエイドを丁寧に貼ってくれた。

c0066514_10532449.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-02-17 11:01 | 日々の雑感 | Comments(6)

実体験レポート

体に違和感を覚えたのは1月中旬の事でした。泰然自若を装いながら、何ともやるせない日々を過ごしていました。日頃は、余り深く考えない家族への思いや願い、そして自分の過去、現在、未来を考える期間であったように思えます。若干の老いを感じつつ暮らしている中で健康管理の大切さを再認識しました。

c0066514_10505062.jpg


通院していた医師からの各種の検査結果、薬剤資料、診療費明細を始め、ご紹介頂いた基幹病院での検査内容等、どっさりとある書類を整理しながら、改めて長い長い1ヶ月を見直し一息付いています。

c0066514_1173770.jpg


通院初回の問診から数え、検査に要した日数は5日間。2月13日に全ての検査結果が出揃い、
基幹病院から届いているCDに収められた輪切り画像を見ながら医師の判断を仰ぎました。
画像を真剣に見つめられている先生の横顔が恐ろしい。誰しも経験したくない瞬間ですね。

c0066514_11164595.jpg


実は、医師から2度目の通院時における種々の検査で前立腺癌か膀胱癌の疑いを指摘されていました。
余りにもアッケラカンと言われたのですが、こちらはしばし体の震えが治まりませんでした。(笑
以前、癌宣告を受けた(今は健康)友人は、♪ジャジャジャジャ~ンと音楽が聞こえたらしい。

早速、ご心配をお掛けした某師に嬉しい結果報告を致しました。
良かったです。お祝いと称して、大騒ぎしないこと。オオカミ少年にならないように、暫く蟄居ですね。

c0066514_11324294.jpg


有難い某師のご忠告でしたが、たまたま3号のマラソン大会3位入賞と僕の診断結果のW祝宴です。
マラソン1500mを予選決勝と2度走り、その後スイミングスクールに学習塾と丸一日ハードな
スケジュールをこなし、大人顔負けの焼肉を食べ尽くした挙句、満足げに僕の足を枕に寝ています。

「誰にも言うな」と、口止めしていましたが、娘は母親の普段と違う言動に何かを感じていたようで、
店を出た帰り際、歩きながら僕の二の腕に掌をからめ「おとうさん、、良かった」と、言った。          
                       
         
                 
               
     

                          以上●実体験レポートでした●

c0066514_11451924.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-02-14 12:23 | 家族紀行 | Comments(6)

TV依存

    一身上の都合で更新が滞っており 更新大魔王が押し寄せています。(笑 

    昨晩の事。家に戻ると家人が、アナログ放送を見ております。
    
     「お父さん、TVが映らへんわ。さっき雷鳴ったからやろか?」
     「アナログ放送見てるから映像が悪いんや。先にお風呂に入ってくるわ」
    チャンネルボタンを操作しても画面が変わらず無反応なのです。
    -------湯船に浸かりながら----どうせケーブルが抜けてるんやろ--------

c0066514_10372069.jpg


     お風呂から上がると いつものように食卓に夕食が並んでいます。
      「ご飯食べてから直すわ。他の部屋のTVは映ってるん?」
      「直るやろか?」 失礼にもニヤニヤ半信半疑。
     -------かつ丼をバクバク頬張りながら、頭の中でいろいろシュミレーション--------
     
    
     
     
     
     

     食事を終え着手。先ず、モニター裏のコードを確認→抜けてない。全て正常。
     B-CASカードを一度抜き、再度挿入→まだ反応なし。
     徐に画面を見渡すと画面下のデータ取得のオレンジ色のライトが点きっぱなしに気付く。
     「モニターがフリーズしてるな」と、まともそうな独り言を言ってみる。
     ネットで調べても参考になるような事は載って無い→ネット頼みもここ一番当てにならない。

c0066514_10581319.jpg

     アナログ頭が、急に閃きました→これしかない。
     データ取得のライトを消すには元のコンセントを抜けば良い→おまじない。見事、修復。

          夫「はい、奥さん3000円」 奥さん「-----。」無視

     行儀が悪いのですが、いつもTVを見ながら食事をしています。
     いつも「ああだ こうだ」と、TVの話題に触れて夫婦二人の会話が、
     有ることで時間が保たれている事に気付かせられました。無言の食事は辛い(笑

c0066514_1113130.jpg

     
[PR]
by kazewokiru | 2015-02-13 14:54 | 家族紀行 | Comments(6)

昨日は節分でした

日本全国、殆どの園児は『鬼さんのお面』を被った事でしょう。3号も可愛い鬼さんを作っています。
c0066514_10292018.jpg


西南西に向って恵方巻きは食べませんでしたが、お寿司大好きの3号のリクエストにより回転寿司へ。
「はまち、まぐろ、やりいか、甘えび、中とろ、、、全部わさび抜きでお願いします」幸せそう、、。
手当たり次第に次から次へ注文。〆は「牛乳たっぷりのプリン」5人で40皿の内、15皿を完食。
「あんたはお金持ちと結婚しなさいよ」と、母親。来週、幼稚園では1kmのマラソン大会です。

c0066514_10425690.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-02-04 11:17 | 家族紀行 | Comments(6)

泰然自若

ここ一番、何事かあれば某師に度々甘え、ご意見やお考えをご指導頂いております。
いつもお忙しい中を、的確に対処法や考え方、身の処し方を殆どその日の内に返信して下さいます。
実は、昨日も身辺の困り事で某師にご相談方々メールを送らせて頂きました。
某師から届いたメールの文中に『泰然自若』との四字熟語が入っています。

 泰然自若とは。意味や解説。落ち着いていてどんなことにも動じないさま。
「泰然」は 落ち着いて物事に動じない。「自若」は何に対してもあわてず、驚かず、落ち着いて いる。

モヤモヤの最中で忘れていた『泰然自若』をご指摘頂き、この歳になって、恥かしながら自分の立ち居振舞いを気付かせて下さり、改めて今の気持ちをリセットする事が出来ました。有難うございました。

元来、「泣き事 くよくよ」が、勝気な性格が邪魔をして性に合わず、いつも平静を保っているつもりで暮らしていますが、誰にでも一つや二つの困り事は抱えていますね。(笑

先程も預かった修理を終えますと、「寒いのに有難う。これどうぞ、、、」
今は閑散とした商環境ですが、缶コーヒーでお客様に救われる、有難い心象を得る事が有ります。

c0066514_153501.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2015-02-01 15:51 | 日々の雑感 | Comments(4)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru