風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0066514_1155180.jpg

「危険なので用の無い人は外出しないよう」昔、こんな注意喚起はなかった。最高気温37度の予報。
店内にはエアコンが程良く効いて快適ですが、一歩外に出ますと汗がじわじわと噴き出して来ます。
c0066514_9493514.jpg

この電動自転車▼は、当店開業以来最高齢の方が購入されました。お年を伺えば93歳です。
昨日、自転車を組み上げ電話を入れました。「出来ましたよ」「はぁ?何ですか?」電話番号を間違えたのかなと思いましたが、声の主は購入者さんです。「自転車注文されたでしょ、、」(笑)「あぁ忘れてた、今から直ぐに行きます」 ご来店後、少し耳が遠いので大きめの声で同じ事を3回繰り返し説明させて頂きました。「よっしゃ、分った。大丈夫や」と仰りながら電源スイッチを入れずに走り出します。
「スイッチ入れて下さいよ」「どれがスイッチやったかいな?」「これです」「あぁそうやった」
c0066514_1052870.jpg

土足で他人様の領域に入り込んでは駄目。自分の悪い癖は分ってるので、強く々心に刻んで注意を払っていますが、最近またやらかしました。頼まれもしない事に対してのお節介と配慮との境界が難しい。
「余計な一言、世話焼き、放っておけない、黙ってられない、何とかしてやりたい、、、等々」
この人は、きっとこうして欲しいはず。こちらの勝手な思い込みが相手の逆鱗に触れる事があります。
この性格ですから、もう何度も学習しているにも関わらず、、、いつも言葉が過ぎるのです。
親しい友人に相談しましたら「俺みたいに知ってても知らん顔してたら良い」意図も簡単に友人は僕に言いますが、彼は中々の奥深い人間なのです。 ▼「相田みつをさんの書」は目の前にあるのですが。
c0066514_10171414.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-25 10:23 | 日々の雑感 | Comments(2)
c0066514_9263852.jpg

19日から1日置いて再び観戦。息子を誘いましたが、「仕事の都合で行けない」と返事がありました。
野球部には相当な思い入れのある奥方は一人でも現地へ応援に行きたいと言うので、一緒に行く事に。
野球場まで車で1時間半。公立校ながら過去に甲子園出場をしているシード校との4回戦でした。

c0066514_945346.jpg

試合前、選手たちは応援席に向かって「ご声援宜しくお願いします」と、一礼。大歓声が起こります。
ゲーム開始。奥方は大応援団に紛れ込み同化してメガホンを叩き声援をり続けてています。

c0066514_959213.jpg


強豪校相手に善戦するも惜敗。最後にエールを交換して試合終了。真っ黒に日焼けしました。

c0066514_1041121.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-22 10:05 | 日々の雑感 | Comments(4)
野球場は、目の前に見えているけど、駐車場が満車。心優しい主人は、先に奥方を降ろして車内で待機。
球場内の大歓声を聞きながら待つ事約1時間。奥方から携帯に時々刻々と試合経過の速報が入ります。
第一報「1対1です」第二報「4対1になりました」第三報「7対1と大差」ここでようやく球場内へ。

c0066514_1775369.jpg

観客席は、ほぼ満席で熱気に溢れています。いきなり応援校の強打者が、僕の到着を待っていたかのように、レフトスタンドにホームランを叩き込みまして「8対1」7回コールド勝ちでゲームセット。

c0066514_17244290.jpg

応援校は、息子の母校で中高6年間硬式野球部でお世話になっていました。家内は6年間ずっと野球部のお世話を楽しくさせて頂いていた事を、応援席におられる現役の「世話係さん」と、当時の様子を話していました。歳月を経て、今は孫が同校に通っています。第二試合は県下屈指の強豪校が勝利しました。

c0066514_17343450.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-20 10:38 | 日々の雑感 | Comments(2)

3歳になりました

c0066514_10395428.jpg

「ど~んとボーナスが入ったのでご馳走させて下さい」「そんな気を使わんといつでもご馳走して」
4号のお誕生日と子守り御礼食事会の予約をしてくれました。娘婿は、気配りの効く良く出来た男です。
度々記していますが、12歳を頭に3年毎、4人の孫に恵まれている事が、自分へのご褒美です。

c0066514_2271616.jpg

来月6歳になる長女と3歳になった次女。娘は念願だった女の子2人に恵まれて、若旦那は仕事黙々。
食事中に3号4号の従兄妹から動画でお祝いが届きました。4号はさっさと画面を滑らせています。

c0066514_22412629.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-18 10:30 | 家族紀行 | Comments(2)

さいこんたん

息子の嫁が「遅くなりましたけど、これを預かってます。何か知らないけど本も一冊入ってます」 
今年も一ヶ月遅れで父の日のプレゼントが届きました。母の日は嫁から家内へ、父の日は息子から僕へ。
c0066514_11391577.jpg

     paul smithのTシャツとコットンパンツ。調査してみると結構な額。
     昨年、贈ってくれたバッグは未使用だけど、これは早速着用してみたい。
c0066514_11493741.jpg

本の題名は「菜根譚」(さいこんたん)Wikiで調べてみると中国の古典らしく、日本の著名人の愛読者として川上哲治・五島慶太・椎名悦三郎・田中角栄・藤平光一・野村克也・吉川英治・笹川良一・広田弘毅 各氏の名が挙げられています。チラッと目次に目をやると小難しい「人生訓」が、ずらりと並んでいる。
読書好きの息子が、数ある書籍の中から贈ってくれた一冊。味わい深い教えが記されているのでしょう。
c0066514_12102367.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-17 11:14 | 家族紀行 | Comments(2)

今日のお客さん

c0066514_1612767.jpg

自転車を購入されたお客様の笑顔を拝見できるのも嬉しいけれど、修理をさせて頂いて喜ばれるのは、もっと嬉しい。自転車職人の冥利に尽きる。出来る事ならボランティアで貢献がしたい。
c0066514_16184884.jpg

老婦人「どこのお店へ行っても乗り替えを勧められるんですけど、治りますか?」
僕「もちろん。古い自転車ほど敬意を払って修理させて頂きますよ」
老婦人「もうこの歳になると、長年乗り慣れた自転車しか乗れないし」
ざっと見た所、20年近く愛用されており、回転部分やブレーキ関係にダメージがあります。
修理時間と要する費用を申し上げ了解を得ます。
老婦人「買い物は済ませたし、ここで見てても邪魔になりませんか?」
僕「見て頂いた方が、良いです。説明しながら作業をしますから」
-----------------------------------中略-------------------------------------------
僕「はい。治りましたよ。一度乗って走ってみて下さい」
老婦人「うわぁ~嬉しい。嘘みたいに軽くなった。自分の自転車やないみたい」
僕「それは良かった。不具合があったらいつでもどうぞ」
老婦人「まだ10年は乗れるわ。お兄さん、店辞めないでね」
お客様の冗談のような一言で、救われる単純さ。嬉しい出来事は、鮮度が冷めない内に更新。
c0066514_16451028.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-15 11:10 | 輪談 | Comments(4)

ここ2~3日の画像

   朝からの雨が上がって陽射しが出てきました。1週間前から、賑やかにセミが鳴き出しています。
c0066514_117717.jpg

ここ数日のデジカメ画像。3号の誕生日が近づいてきたので、お約束の自転車を作りました。
世界に一台のスペシャルバージョン。サイズは22インチ。まず親は幼稚園児には乗せない。
通常小学2年生くらいの男児が乗るのですが、活発な3号なら難なくスイスイ走るでしょう。
誕生日前倒しプレゼントで届けますと、怖がらずイキナリ乗り出しました。女の子なので星飾りを。
c0066514_11195756.jpg

     海鮮丼3日前の夕飯。この日も家内は終日孫の世話。そんな日は、丼物が多い。
c0066514_11282291.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-14 11:34 | 日々の雑感 | Comments(2)
    午後6時、台風8号は勢力を弱めて和歌山県再上陸。太平洋沿岸を東北に進んでいます。
c0066514_1919575.jpg

本日は、台風のため臨時休業。トキメキ3号が、どの様な一日を過ごしているのか、関心があったので、終日観察をしてみました。結構なハードスケジュールで付き添っている母親も良くやってます。
6時起床→朝食→朝の勉強→幼稚園→本来ですと幼稚園バスで自宅近くまで送ってもらえるのですが、『1時間』時間の無駄があるので、毎日帰りは園まで親が迎えに行きます。→そのまま学習教室の時間まで園の近くにある図書館へ直行してお勉強。→図書館の2階ロビーは、とても蒸し暑く人がいません。
c0066514_19383962.jpg

図書館での学習を終え、次に向う所は学習教室。→車で移動します。早目に到着し黒板の前に着席。
→ここで2時間半の学習です。学習教室は週に2日。あと水泳教室と英語教室。ピアノは休憩中。
3号は遊びの延長のような感覚なのでしょうか、嫌な顔をすることなく「お勉強大好き楽しい」と言う。
学習教室で学んでいる間、「カキ氷」で一息。 母子ともに体力財力勝負の日々が続きます。
c0066514_19531672.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-10 20:01 | 家族紀行 | Comments(2)

キラキラじてんしゃ

リサちゃんは爺ちゃんに自転車を買ってもらいました。爺ちゃんは、昔から電器屋さんをしています。
爺ちゃんは、年に5日好きなゴルフでお休みするだけで、360日仕事しています。75歳です。

c0066514_1121654.jpg

リサちゃんは小学校2年生。4歳の時に買ったキティちゃんの自転車が小さくなったのでママが
「お爺ちゃんに言ったら買ってくれるよ」と、言うので大好きな爺ちゃんにおねだりしたら、
「よっしゃ。わかった」直ぐに買ってくれました。爺様に教育的配慮はないね。ご購入有難う。

c0066514_1193080.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-09 11:10 | 輪談 | Comments(4)

T君の余韻

 昨日、某自動車ディーラ―に勤めているT君の事に触れましたが、今日になってもまだ彼の爽やかさが心地良く、脳裏にしっかりと残っています。息子より1歳若い彼が、醸し出す雰囲気には学ぶべき事が数多く、顧客に対する物腰には素直に頭が下がる。幾つになるまで、この様な高揚感が得られるのでしょう。
c0066514_11491949.jpg
 

 自動車を整備して頂いた明細書と共にコミュニケーションカードなるアンケート葉書が同封されています。①~⑨の項目があり、ユーザー側からの満足度を6段階の評価で示すもので、主にスタッフの対応と整備に対する納得度が問われています。葉書の下部には、お決まりのご意見・ご要望の記入欄。
 face to faceで仕事をしている自分はお客様にどのような評価が得られているのでしょうか。
漠然とした思いに耽る事が時折りあります。「いくら猫を被っていても、いつかは本性が出るので無理はしないで素のままで良い」と、開業した頃に先輩業者に言われた記憶があるけれど。
幾つになっても「一言多い」性格は治らないし、、、。アンケート葉書はポストマンに手渡しました。
c0066514_12221256.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2014-07-08 12:29 | 日々の雑感 | Comments(4)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru