風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

プレマラソン大会を見学

真っ青に澄み渡った空の下、3号の通う幼稚園でマラソン大会の予行演習がありました。
c0066514_1824187.jpg
3号の通う園は人気があり競争率が毎年高いようです。少子化の中ですが、校舎が手狭になり増築中で本来の運動場が、現在は資材置き場になっており、しばらくの間は臨時運動場で様々な行事が行われます。先週は縄跳び大会があり優勝は年長組の男児で何と6832回。
c0066514_1830183.jpg
マラソンのスタート時刻10時に合わせ熱心なお母さん方がぞくぞくとやって来ました。
しかし、ジジババが見学に来ているのは我が家だけです(^_^)v 3号は、3等賞でした。
転んで泣きながら走っている園児もいます。3歳4歳5歳児可愛いですね。本番は来週です。
c0066514_1833785.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-31 18:50 | 家族紀行 | Comments(2)
表題をワイドショーで論じています。年金制度はややこしく一度や二度聞いても分らない。
c0066514_13455399.jpg
どうやら最近報じられている制度は12年前の小渕内閣の時に決まっていたような。
当時、そんなに関心もなく聞き流していたのが、今頃になって盛んに議論されています。
c0066514_13484033.jpg
結論から言うと、今年の4月1日までに60歳到達の人は今までの制度通りでそれ以降に生まれた人が対象のようですね。定年が延長されて、支給年齢が一年毎にずれて行くのです。
年金制度にウルトラCはないですね。「健康で長生きする事」言われなくても分ってますが。
c0066514_13533667.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-30 14:00 | 日々の雑感 | Comments(4)

成人のお祝い会

当店の近くに身障者の作業所がありまして、レストランを兼ねたお洒落な店舗でクッキーや洋菓子も作っています。身障者の方々を送迎されているマイクロバスの駐車場が当店の横に隣接しており、朝夕は作業所と駐車場の間を車椅子で移動されていますので、お互い挨拶を交わすうちに親しくなり車椅子の修理等もさせて頂いています。
c0066514_13352789.jpg
この日は、3人の成人式のお祝いで内祝いとして紅白のお餅とクッキーを届けて下さいました。3人は脳性麻痺で会話が意のままになりませんが「オジサンは、もう3回も成人式を迎えた」と、言いますと笑ってくれました。お一人ずつ「おめでとう」の握手をさせてもらいました。
c0066514_13414174.jpg
LDL悪玉コレステロール値が高いので「この値では食事療法や運動をしても無駄」と医者にキッパリと言われて、止む無く処方された薬を飲み始めて半年が経過しましたので、薬の効き具合を検査しました。夕食後に1錠飲む小さな薬ですが「よく効いてますよ。全て正常値。これは長寿の数値です。この数値を維持しましょう」医者に長寿と言われ変にはにかんでしまった。
c0066514_1355299.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-28 13:56 | 日々の雑感 | Comments(2)

寒波襲来中です

今朝は西よりの寒風で自転車をこいで前に進むのがやっと。服をたくさん着込んだ上に厚手のジャンパーを身にまとって、心地良い風が体感できるとは言い難く凍えるような自転車通勤。
起床後、すぐ2匹の散歩をさせるのが、僕の役目ですが、上には上がいる。
許可を得て正面から撮影させて頂きたいところですが、盗撮。5匹のようですが6匹います。
c0066514_10254382.jpg
読書の冬。この時期、ましてや寒波で来客が少ないのでついつい積み上げてある本に手が伸びて読んでいます。この本は何度も読んでいますが、その時の心象で新発見があります。 
不安をたくさん抱えている人は、体に警告を発する優れた警報機をそれだけ多く持っているのです。自分は、こんなに柔軟さとバランスのとれたこころを持っているのだ、とむしろ喜ぶべきでしょう。・・・・・「人間は自信を持たなければならない」。それは、その通りだとぼくも思います。
しかし、自信を持つことと不安を持つことは、対立する関係ではなく、背中あわせの関係にあるのです。不安を持たないということが、すなわち自信を持つということではありません。ぼくに言わせれば、不安の正体をしっかりと感じ取って、いま自分が不安を感じていることにむしろ安心しなければならない。
   五木寛之著「不安の力」の一説です。
c0066514_10395469.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-26 10:50 | 日々の雑感 | Comments(2)

仕事が休みの日は、、、

自宅から車で5分の所に小さなスーパーがオープンしまして買い出しに連れ出されました。
いくら安くても、商品が悪ければ買わない。主婦は、手強い買い物プロのお客様です。
c0066514_20303714.jpg
ここのスーパーは全国規模の大型店と違い、地元ローカルの小型チェーン店で店内の内装や商品展示には極力無駄を省いています。おにぎり1個59円。一流ブランド飲料3缶99円。
偶然知り合いの牛乳屋さんと遭遇。「99円かぁ。買って帰りたいわ」デフレ脱却には程遠い。
c0066514_20343010.jpg
2時を過ぎると3号が幼稚園から戻るのでお迎え。「せんせい さようなら」ぺこりとお辞儀。
c0066514_20392981.jpg
娘に勉強をしなさいと言った事は一度もありませんが、娘はなかなかの教育熱心。
園から帰り、おやつを食べたら3時からお勉強。しっかりした字を書いてます。まだ4歳。
c0066514_20463925.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-24 20:59 | 家族紀行 | Comments(2)

保険の見直し

年齢や家族構成の変化で加入している生命保険の見直しは必要と考えております。
保険加入が可能な健康なうちに入っておかないと「後で困った事になる」が、自論。
但し、現金が●億円あれば加入の必要はない。未加入世帯は3割らしい。
c0066514_1245209.jpg
予めネットで保険金や保険料のシュミレーションをして適切な保険を選びました。便利ですね。相談窓口へ予約をして後日行って参りました。病歴、既往症や飲んでいる薬の名前等はこちらから申し上げた後、要望を聞きベストな保険を選定して頂けます。
c0066514_12563716.jpg
そして先程電話調査がありました。「先日は、当社の窓口までご来店下さいまして誠にありがとうございました。相談員の対応はいかがでございましたでしょうか?」5項目の質問に答え
「10点満点で、何点でしょう?」「満点です。あなたも満点ですよ」とオジサンは付け加えてしまった。そして最後に彼女からマニュアル外の発言が「予断ですが、私の父と同姓同名で他人のように思えません」 偶然にしては出来すぎ。不思議な事があるもんですな(笑)。
c0066514_134823.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-22 13:06 | 日々の雑感 | Comments(2)

持つべきものは、、、

男性から女性、女性から男性、女性から女性はあるけれど、男性から男性へはあまり聞かない。還暦のプレゼントが届きました。わざわざ百貨店まで足を運んで贈ってくれています。
c0066514_9345615.jpg
利害関係を伴わない、何でも話せる友達が男女合わせて数名います。この腐れ縁の連中とはお互いの連れ合いには内緒で怖くて腰を抜かすような話をいっぱい共有しております。
生涯これは誰にも一滴たりとも漏らさず墓場まで持って行くのが暗黙の大人の礼儀である。
おもむろに開けてみると中には僕好みの柄のマフラー。どんな気持ちで贈ってくれたんでしょう。
贈り主とは昨日も話したけどこの事には一言も触れてなっかった。なかなか憎い男ですわ。
c0066514_9592498.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-19 10:01 | 日々の雑感 | Comments(2)

無駄足でした

道路際の冬枯れした木々を眺めながら東へ車を走らせる。目的地は年金事務所。
c0066514_1234943.jpg
年金請求用紙、身分証明書、銀行通帳、印鑑、住民票を忘れず持参。待ち時間30分。
c0066514_12364955.jpg
係の方たちは優しい印象を受ける。高齢者相手のお仕事はこうでなくては。妙にうなずく。
c0066514_1241573.jpg
名札に研修生と書かれている新人さんが相手をしてくれる。こちらの質問にいちいち「少々お待ち下さい」と、席を外す。何度も席を立つので「少々待たない」と言えば「申し訳ございません」
c0066514_1245043.jpg
挙句の果てに「申し訳ございませんが、住民票はお誕生日前日以降のものをご用意下さい」「何?!某所の申請へは1月発行のもので良いのに。役所の出張所をココに置いたら」
読まなかった自分が悪いし、60歳になったので心を入れ替え人には優しくを誓ったばかり。
帰路、建て替えて就学時の面影がない出身中学を右に見て可愛かった頃を懐かしむ。
c0066514_12525539.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-17 13:00 | 日々の雑感 | Comments(2)

還暦を迎えて

「本日、還暦を迎えました」という表現よりも「今年、還暦を迎えた」が正しいように思います。
『干支(十干十二支)が一巡して起算点となった干支に戻る事。十干と十二支を組み合わせた 60を周期とする数詞』とある。
c0066514_947368.jpg
 年齢の通過点としての程度でしか感慨はありませんが、誕生日を祝ってくれる家族がいる事が嬉しい。両親は孫を抱かずに他界しているので、それを考えると4人の孫に囲まれているのは幸せなのかと単純に思う。すでに母より20歳、父より10歳長く生きている計算になります。
 会社勤めなら「はい。それまで!」雇用の延長が65歳まで会社に義務付けらようとしている昨今ですが、この年齢で放出されては身の振り方に戸惑いますね。
 仕事はセーブして多少は社会に恩返しを。と、還暦を迎え人並みはに思っています。
c0066514_10194675.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-16 10:21 | 家族紀行 | Comments(2)

住宅公園の催し

スマイルプリキュア・・・知ってます?大好きなキュアハッピーに会いに行きました。
c0066514_1512484.jpg
昨日から3号がお泊り。朝6時過ぎからハイテンションで暴れております。
「じぃじ!早く行かないとプリキュアが帰ってしまう」「もうちょっと寝させて・・・お願い・・・」
連休中、昼の1時30分から徒歩2分の所にある住宅公園で催しをしています。
c0066514_15225731.jpg
待ち切れず人目構わず▲踊り出しています。ショーまでの間、展示場巡りで粗品をゲット。
今夜は3号宅で目前に迫った僕の「大台祝い」祝宴を開いてくれます。
c0066514_15284986.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2013-01-14 15:34 | 家族紀行 | Comments(2)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru