風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

法輪寺さん二代目住職

我が家は親の代から浄土宗の檀家です。武庫之荘にある法輪寺は店の近くにありますので、住職が時々立ち寄って下さいます。日常ではお坊さんとめったに話す機会がありませんので有難い事だと思っています。特異な僧侶の世界を興味津々で質問攻めをしました。
いつもご丁寧にお答え頂きまして有難う。  (ブログへの掲載は住職の許可を得ています)
c0066514_13373963.jpg
42歳になる住職はお父さんから後を継がれ2代目になられます。
「子供の頃から、事ある度に坊主丸儲けと揶揄されるのが嫌で、どうしてこの職から逃れようかと、そればかりを考えて過ごしていましたが、21歳の時に加行道場に通い目覚めました」 現在、組(僧侶組合)で布教使として若手僧侶への指導育成係を託されています。
先代の住職のお供でお盆にお参りに来て頂いていた30年近く前から承知していますが、実によく仏教の勉強されています。若い頃と比べ表情は柔らかくなられましたが「目力」に威力が増しました。お若いですが、尊敬し信頼が出来る住職にお任せしています。
c0066514_14154812.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-29 14:22 | 人間観察記 | Comments(2)

早々と完成です

c0066514_2113460.jpg
紅葉見物でもと予定していましたが、終日あいにく雨の予報。年賀状買って来ました。
c0066514_2122729.jpg
昨年は暮れに義母が鬼籍入りしたので作っていた賀状は廃棄しました。
身内の一部しか喜ばない孫の成長をネタにワードで作成し表書きは手書きにしています。
裏面だけを印刷して12月に入ってから宛名書きをする予定でしたが、作り始めると早くしないと気が済まない困った性質で一気に完成させてしまいました。投函受付日を待つだけです。
c0066514_21153940.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-26 21:20 | 日々の雑感 | Comments(2)

スポーツの秋

40歳になる頃、左膝が痛み腫れが続いていました。整形外科に通院しMRI検査を受け外側半月板損傷の診断。「運動は駄目、曲げても駄目。一日も早く半月板を取り除いた方が良いね。待ってるわ」と有難いお言葉を頂戴して20年。若い医師の心温まる「待ってるわ」の一言にその場でぶち切れて、きっぱり通院を止めあの手この手で長持ちさせています。
c0066514_9541842.jpg
学生時代に激しいスポーツをしていた後遺症か、それとも仕事柄立ったりしゃがんだり中腰になったりで膝に負担が掛ったのか、、おそらく後者。あの頃は、忙しくて休めず、左膝に溜まった水を抜きながら仕事をしていたなあ。年中サポーターをして左足を引きずってた。
c0066514_1025377.jpg
膝を自然にかばう生活習慣が身についたのだと思う。あの20年前の診断は何だったのかと思えるほど、今は何の違和感やストレスもなく過ごせています。自然治癒能力の成せる技。
c0066514_1071274.jpg
野球もマラソンもしてみたい。大阪マラソンと神戸マラソンの日。大勢走ってますね。
c0066514_10113649.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-25 10:16 | 日々の雑感 | Comments(2)

仲は悪くありません

昨日は『良い夫婦の日』 今日は『勤労感謝の日』 朝食を食べながら家人との話題2つ。
c0066514_925471.jpg
「勤労感謝の日と言うのは、働いている人が働けるのを感謝する日なのか、働いている人に感謝をする日なのか、、、どっち」 家人は笑ってるだけで答えない。
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。(wiki)
c0066514_9262111.jpg
頭の回転の良い家人に。「この問題の書いてある意味を分かりやすく僕に説明して欲しい」問題を読んで僕に説明。「その説明では、書いてある事を読んでるだけ」 
朝から一触即発の一歩手前(笑)、聞くんじゃなかった。早目に出勤する。
c0066514_9333132.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-23 09:41 | 日々の雑感 | Comments(5)

オンライン広告の案内

c0066514_1256554.jpg
見慣れたGoogleの文字が封筒に印刷されてあり、何が入っているのか興味半分で開封。
画像左のプロモーションコードを2500円で購入し今回に限り利用金額が2500円に達すると7500円が自動的にチャージされる。要するに2500円で10000円分の広告が出来る。画像右には、例によって細かい文字で重要事項が書かれています。広告掲載を停止しない限り、請求は課金され続けるという手間が省けて良く出来た素晴らしいサービス。
c0066514_1324568.jpg
業種によって宣伝広告費が売り上げに占めるウエイトは異なりますが、我々の業種ですと3%程度が妥当かと。宣伝広告というものは、効果が上がるからするしないではなく、子供に掛ける教育費のようなもので、愛情の表れと思う。但し、無差別で無分別な広告は砂漠に水を注ぐようなもの。零細業者の的を絞った宣伝広告は、日々接するお客さんに再来店頂けるよう努める事。日常の行いに尽きます。
c0066514_13295369.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-22 13:32 | 日々の雑感 | Comments(4)

懐かしいイラストが2枚

仕事が空くと、店内の片付けをします。片付け出しますと止まらない。
隣りから隣り次から次へと範囲が広がってしまい、手が付けられない程の状態になる時も。
c0066514_19492868.jpg
オープンが1985年ですから27年前に店のイメージを描いてもらったイラストが2枚あります。これを最初に見た時に「ここが仕事場になる」鳥肌が立ったのをしっかりと覚えています。
今日久しぶりに見ましたらかなり色あせています。「希望と不安の隣り合わせ」が、懐かしい。
事務所はカフェバースタイルとか書かれてあり、当時としては斬新でお洒落なお店ですが、
これでは商売にならない。マジックペンでプロが描いたもので一枚6万円と言ってたけど眉唾。
c0066514_20145682.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-21 20:20 | 日々の雑感 | Comments(2)

真っ直ぐが良い

性格はかなり捻くれてますが、モノは真っ直ぐキッチリでなければ許せません。
とある日、とある店を訪問すると店主が脚立に上り消しゴムで天井の汚れを消していました。変わった人ですが、共感出来ました。(笑) 最近、天井のクロスが気になってました。
c0066514_10105100.jpg
子供の頃から神経質で、小学校に提出する性格欄に親が「神経質な子供」と記入していたのを覚えています。神経質の意味が理解できない年齢でしたので、物心がつくまで意味が分かりませんでした。「片付けなさい」と、親に注意を受けた記憶がありません。
c0066514_10164485.jpg
あえて話題にする事ではないのですが、クロスの継ぎ目が剥がれて来ていたのが気になって気になって、、、どうしたものかと。透明のテープを貼り付けましたが、これでは見苦しい。数日、天井ばかり見上げていました。とうとう白と緑のテープで補修してしまった。変な店。
幅5cmx2=10cmを真っ直ぐに貼るのは至難の業。作業のお陰でちょっと首がだるい。
すっきりして何度も美しい天井を見ております。これは持病で生涯修正不可能なのです。
c0066514_10231934.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-19 10:31 | 日々の雑感 | Comments(2)

今秋は紅葉が美しい

雨の降る日は天気が悪い。今日の予定は、孫の守りと1000円散髪と自治会会合。
c0066514_1718717.jpg
無理してくっつけば今の二の舞。あちらとこちらが合流すれば、知らない間にそちらが弾き飛ばされて。田原氏出演番組では選挙はもう終わった感でその後の政局を論じています。
c0066514_17244884.jpg
1000円の散髪屋さん。「新顔さんですね」「はい。入社したてです。ここにお世話になる前は、長年理容室を2店舗していましたが、閉店しました。ここの店の来店者数に驚いています」「若い男の子は高くても美容院へ行くね。オジサンの通う理髪店は低料金の店ばかり。美容と理容は正反対に進んでるみたい」「ご主人、今日はお休みで?」「大雨なので休んで孫の守り」「そんな商売良いですね」「いやいや、損な商売ですわ」 自治会会合に行って参ります。
c0066514_17333696.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-17 17:47 | 日々の雑感 | Comments(2)

しばらく目が離せない

月初から店の真上の部屋の改築工事をしています。ガリガリバリバリ騒音の日々が続いております。大工さんの手伝いをしているのは可愛い息子さんかお弟子さんかと、勝手に思ってたら何と奥様でした。毎日煩くてすみません。コーヒーどうぞ。女性ならではの心配り。
c0066514_9472548.jpg
「いつも男の子と間違われるんですよ」初対面のご挨拶代りに記念写真を一枚。
「お化粧してないから恥ずかしいわ」を無視。「主人の仕事を手伝わない時は喫茶店でコーヒーを運んでいます」「良く働くね」「食べていけないから」(笑) 厳しい世の中なのです。
c0066514_9482022.jpg
我が嫁は、この所連日の花屋さん廻りに忙しく精を出しています。「お父さん、見てくれた?」と、聞かれたので「あぁ見たよ。綺麗ね」見てなかったけど、多分庭の花の事だと思い適当に返事をした。見た証拠に慌てて写真撮影。世の中は慌ただしく動いているのです。第三極。
c0066514_1001298.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-16 10:16 | 日々の雑感 | Comments(3)

還暦を迎えた同窓生

このお二人の事には何度か触れていますが、幼馴染で仲良しおばさんは暇で時間を持て余しているので、僕の神聖な仕事場へと不意に視察にやって来ます。今年2度目の訪問です。
c0066514_107995.jpg
2人は2人の定位置に座り話し始めます。誰がどうしてこうして、、、同級生の『今』を尋ねてもいないのに途切れる事なく熱心に聴かせてくれます。先日、還暦記念の同窓会が1泊2日であり、熱心にお誘いを頂きましたが「知らない人と一緒に寝るのは苦手」と、適当な理由を付けて丁重にお断りをしました。昨日は、その当日の様子を伝えに来てくれたのです。
銀行を退社し起業したU君、大病院を経営しているT君、製紙会社を定年退職したM君、家業の酒屋を継いでいるM君、建築屋のI君は朝6時に仕事のため宿を出たとか、、懐かしい顔が写っている集合写真をしばし感慨深く見せて頂く。男性陣は現役世代が殆ど。
c0066514_1030655.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-11-15 10:38 | 日々の雑感 | Comments(2)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru