風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

作業を一緒にしてみたい

午後からの降水確率60%・・雨が上がると一気に秋が到来の予報。この際信じましょう。
c0066514_1042228.jpg
「人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し」徳川家康の遺訓。暑い初秋でした。
c0066514_10455960.jpg
作業をちらっと見ているとドンドン引き込まれて最後まで見てしまいますね。僕も電柱によじ登ってみたくなります。真夏でも長袖、ヘルメット、ゴムのついた軍手、鉄板敷きの作業靴、鎧をまといサウナで我慢している感覚。おぉ、、この作業員さんは素手で電線掴み。
c0066514_10563660.jpg
「神輿に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」役割分担が決まっていてこそ安心して作業も捗ります。「光ケーブルの引き込み作業で今日もこの辺りをウロウロします。目触りで申し訳ありません」ヘルメットから汗が滴り落ちていました。作業2日目の風景。
c0066514_1110167.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2011-09-30 11:09 | 日々の雑感 | Comments(2)
「お年寄りが、僕をドンドン追い越して行くので情けない」と仰るT翁は80と12分の9歳。
若い頃からの持病に加え15年前と5年前に2度も大病を患うも見事奇跡的に回復され
お元気に活動されています。息子さん娘さんの同居を拒み悠々と一人暮らしの日々。
来年に迫った免許更新を取り止め、長年愛用しておられた自動車を手放す決心をされまして、自動車に代わる乗り物として、この度電動自転車についてのご相談を受けました。「昔から、あんたを信用しているから、自分に合ったのを勧めて欲しい」との事で、充電回数も従来モデルの倍で長寿命、たっぷり走れる5Ahリチウムイオンバッテリー搭載車をお勧めしました。「あんまり年寄りの元気なのも困ったもんですがね、、ワハハハハァ(笑)」という保険会社のCMがありましたが、誰もが元気な年寄りになりたいはず。
脚力の衰えは、アシストしてくれます。これで皆さんに追随できて遅れる事もありません。
昭和を支えて来られたお元気なT翁も国の宝ですね。ご購入有難うございました。
c0066514_16234125.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2011-09-29 16:24 | 輪談 | Comments(0)

振り返るのは、、まだ先

お客様の為の品揃え お客様の為の商いに心掛け 皆様に愛される店作りに努めます。
昭和61年9月28日以来お題目を唱え続け、今日から27年目が始まりました。
c0066514_11155738.jpg
 社会情勢の変化に伴い、消費者の購買傾向も日々様変わりをしています。
開業当時の新参者が、今や古参の部類に入りつつあります。 デフレ状況下にあっても成熟飽和に加え混沌とした先の見えないのは、我々の業界でも同じ事が言えます。
 実のところ、「よくもここまでやって来れたもの、、、」今に至る道のりに思いを巡らせる。
・・が、懐かしんでる場合じゃないんです。「永続は力なり」 まだまだ、隆々でありたい。
c0066514_1115312.jpg
▲リカンベントの修理をしました。「足腰と手先を使い、悪い頭を働かせ脳の活性化を願って乗ってます」 このような特殊自転車が、思う存分走行できる道路環境が、整えば新たな需要も生れますが、自転車愛好家達の願いは程遠く、昨今はマナー低下で危険物扱い。
[PR]
by kazewokiru | 2011-09-28 11:35 | 輪談 | Comments(2)
今から20数年前、彼の事を思う余り「長い人生、時には妥協も必要」と言った。
強靭な彼は、自分の意思を貫き夢を現実に。遅い夏休みを利用して家族3人で帰省中。
c0066514_22373529.jpg
九州某県で小児科医をしているS君。遊びに来てくれたのですが、仕事の延長をさせて申し訳なかった。7月に誕生した孫の健康診断を事前に頼んでいたので聴診器持参。
「元気に一ヶ月早く成長している」娘は安堵の表情で母親の笑顔。
毎日150人近い乳幼児を診察している現況を聞くと小児科医師の少なさが伺える。
c0066514_22462435.jpg
彼には3号より1歳上の娘さんがいます。子供は短時間で溶け込み仲良くなりますね。
折り紙を作ってくれました。ハート、かぶと、奴さん、手裏剣、、小さな指先で器用に。
c0066514_2302985.jpg
彼の子供と僕の孫が、一緒に遊ぶ姿。彼に孫の健康診断を頼む事など、、夢の夢。
文末に奥様へ「昔から弱音を吐かない彼を心配しています。よろしくお願いします」
c0066514_2320264.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2011-09-26 23:40 | 家族紀行 | Comments(2)

気になりますか

今日も秋晴れ。連休の方は良いですね。僕は、老後に備えて毎日お仕事。
c0066514_10123740.jpg
起床して、まず目覚まし時計のSWをオフに。次に、掛け布団をたたむ。階段を下りて用をたし眼鏡を掛けて一匹目の散歩。玄関の姿見に引っ掛けてある帽子を被リ玄関ドアを開け外に出る。門扉からじゃなくガレージからね。同じ事を2匹目も。起きてから30分経過。
c0066514_10131672.jpg
散歩から戻るとコーヒーとトースト(時にはホットケーキ)の香り。洗面所で顔を洗い、仏壇に神妙に手を合わせ、熱帯魚に餌をやり、TVのSWを入れ、椅子に座って新聞広げ、トーストとコーヒー。「ご馳走さま」お皿とカップを片付けて、元気の出るサプリメントを水で流しこむ。鞄を左手に提げ玄関を出る。家内が後から「いってらっしゃい」乗車していざ出陣。拙宅近く、同じ場所に立つ警備員に会釈。起床して1時間10分後、必ず仕事場に到着。
c0066514_10282360.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2011-09-25 10:38 | 日々の雑感 | Comments(2)

真っ赤な夕映えでした

c0066514_1104311.jpg
1個あたりの最大重量160kg。衛星の部品26個が大気圏突入後時速158kmで降り注いで来ます。2時間前におおよその落下地点が分かるそうですが迎撃による粉砕は不可能。 21兆分の1の確立で人に当たるそうですが、昔々当たった人の話によりますと「とにかく急いで走って逃げる事」が最善の方法のよう。もし、何かの巡り合わせで建物や体に当たっても宇宙損害補償により当事国であるアメリカが賠償してくれます。
本日PM1時-AM1時に日本上空を通過です。誰がこんな緻密な計算したんでしょうな。
c0066514_11192365.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2011-09-24 11:27 | 日々の雑感 | Comments(2)

心落ち着かせましょう

彼岸花(曼珠沙華)は、夏の終わりを告げる花。秋風に揺れています。今朝の散歩道。
c0066514_9442512.jpg
その彼岸花、犬が張り切り引っ張るもので写せない。落ち着いた所でキノコ、ザクロ、柿。
c0066514_9521212.jpg
許せない事案があり、朝から怒り心頭に発する。これは、しばらく消えそうにない。
近所の娘さんから「おじちゃん、おはよう」と声を掛けられこれで幾分和らぎました。単純。
[PR]
by kazewokiru | 2011-09-23 10:05 | 日々の雑感 | Comments(2)

台風一過

c0066514_17454017.jpg
大過なく過ぎ去り空気が入れ替わりました。夕方、散歩に出ると虹が架かっています。
本格的な秋の到来でしょうか。昼過ぎから3号を連れて知人のお見舞いに出掛けました。
知人のリハビリを施術して下さってる療法士さんの名札を見てまさかのまさか。
息子の幼稚園の同級生。母親同士がお互いの家を行き来している仲。世間は狭い。
、、、と書いた所で、3号が「ジィジ アソボ」お誘いです。
c0066514_1754527.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2011-09-21 18:01 | 日々の雑感 | Comments(2)

仕事になりません

明日の昼前後、台風15号が、かなり接近しそうです。偏西風に乗って早く通過して欲しいものです。今年は災害の多い年。昨夜の自治会会合でも話題になり、緊急災害避難時の対処法を質問され答えに戸惑いました。自然災害に対しても危機管理意識を地域住民が共有し合い、もしもの際は助け合える体制を整える必要性があります。c0066514_21444915.jpg
--------------------3号が、昨日から連泊中。朝から晩までハイテンションで遊び疲れ8時過ぎになると自分から「ジィジ ネヨウヨー ハヤク」僕の手を引っ張り2階の寝室へ。
いつもは寝くなるまでペチャクチャ何やらと話しかけて来ますが、今夜は数秒でオヤスミでした。こちらが起きるまで起きないで019.gif
[PR]
by kazewokiru | 2011-09-20 21:49 | 日々の雑感 | Comments(2)

また台風が近づいてます

c0066514_1094676.jpg
先日2号のローソク消しの儀式を終えた後、僕、嫁、息子の嫁、娘の4人で雑談。
話の内容が子育てから親子関係へと進みまして、僕は、目からウロコ。
c0066514_10152432.jpg
一人が「50歳生きればもう良い」と言い出しまして「何故?」と問いますと「老けるのは嫌。孫が出来てお婆ちゃんなんて言われたら耐えられない」50歳オーバーの女性を前に堂々と短絡的なご意見。「それは間違ってる。親はある程度長生きをして子供の成長を確かめ、せめて孫の顔くらいは見ないと、子供だって自分の成長を親に見て欲しいはず、、」と言いかけた所で別の一人が「それはないと思う。お父さんは親と若い頃に別れたからそう思うのでは、私はそんなには思わない」3人共が違う考えに思わず後ずさりをしました。
親子の関係は、誰もが漠然とそんな風に考えているものと、揺ぎ無く思っていましたので、この三者三様の考えには、いささか戸惑い、床に入って頭の中を整理をしたほど。
仲は良くても、親子関係の在り方には微妙なずれがあるものですね。どう思われます?
c0066514_10352653.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2011-09-19 10:48 | 家族紀行 | Comments(2)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru