風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

終日>拘束

c0066514_1134314.jpg
●昨日の休息日も朝から晩まで拘束されていました。
娘夫婦が、実家の目前に住まいを構えそうなので初めて現地の視察に訪れました。
広々としたエントランスには、喫茶室があり焼きたてのパンの良い香りが漂っています。
 最近のマンションは洒落てますね。緑に包まれたマンションの屋内外には、テラス、
ゲストルーム、キッズルーム、お犬様専用足洗い場、様々な施設が揃ってます。
若いのにそつのない受け答えが出来る宅建主任さんに説明を伺いながら『これらの環境は、すべて販売価格に反映されているのか』冷めた目で買わない私が、ジロジロ見学。
c0066514_224002.jpg
ベランダから眼下に広がる絶景を静かに遠望する若旦那、、、ずっと遠くに何が見える?
c0066514_1254071.jpg
マンション視察後、みゆちゃんが2年半後に通園予定の幼稚園を訪れ保育士さんに話を聞き、、、とも君宅へ行って夏休みの宿題終盤戦に取り組んでるとも君を傍らで眺め、、、
夜は皆で回転ずしを食し、、10時半解散。
▼本日の驚き!みゆちゃん通園予定の送迎バス側面には、凄いインパクト。
c0066514_12393730.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2010-08-31 12:44 | 家族紀行 | Comments(0)

孫娘と娘>笑顔の違い

c0066514_13421215.jpg
●お嬢さん2人が、35度を超す猛暑の中をスイスイと自転車でやって来ました。
近寄ってモノを言えば損をするので、ずっと知らんふりを決め込んで静観していました。
 「何か用か?」と尋ねると「家決めたわ」 先月から急に適当な物件を探していたのは
承知していました。聞かれればアドバイスは出来ても家庭内の干渉をするつもりは
毛頭ないので、、若旦那と二人で不動産屋を掛けずり回り猛勉強していた模様。 
彷徨った挙句の果ての購入物件は、当初から家内が勧めていた我が家の目前。
自分たちで納得した上で結論を見い出し、徒歩5分の至近距離に住居を構えてくれるのは嬉しいけれど、手放しに可愛い孫娘の笑顔に比べ不気味な笑みを浮かべる娘は怖い。
かじって頂けるスネは、じっと立っているのもフラフラ。くれぐれもご承知おきの程を。
[PR]
by kazewokiru | 2010-08-27 14:29 | 家族紀行 | Comments(0)

情けは人の、、

c0066514_18352613.jpg●慈善事業が出来る程に財を成していないので、、、立場の弱い小売店を泣かさないで。
 例①『通学途中にパンクした。お母さんに電話したら、後で自転車屋さんにお金を届けるから、、』 
例②『今、買い物した後で 持ち合わせがないので、、直ぐに持ってきます。』 例を挙げれば、キリが無いくらい言葉巧みに、先月来複数回詐欺もどきに遭遇(+_+)
『情けは人の為ならず』とは言うものの、当方の真心が通じず人間不信になりそう。

「情けをかけることは、結局はその人のためにならない(のですべきではない)」という意味だと思っている人が多い。誤用しているものは48.2%と、正しく理解している人の47.2%を上回ったという。 「情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い」というのが原義である。 Wikiより一部抜粋
[PR]
by kazewokiru | 2010-08-26 17:32 | 輪談 | Comments(0)
c0066514_23363218.jpg
●「遊び大好きとも君」の夏休み総仕上げで、あれこれと場所を考えた挙句「神戸フルーツ・フラワーパーク」へ、いつものメンバーでプール&BBQ総勢8名で行って来ました。
c0066514_23412860.jpg
3年間スイミングスクールへ通っているので身長より深いプールでも平気で泳ぎ、ゴーグルも様になっています。私一人で二人を見るのは無理、若旦那が一緒で助かりました。
c0066514_23492072.jpg
水泳大会を無事終え、神戸牛とかモロモロのBBQお腹一杯。
食後は、大人も子供も我を忘れて猛暑の屋外で遊びまくりです。
c0066514_23545211.jpg
公の施設なので5時前に蛍の光が流れ出し、追い出されるのが良い。
駐車場に向かう帰り道「あぁ楽しかった」とも君の一言が、嬉しいジジ馬鹿の一日でした。
[PR]
by kazewokiru | 2010-08-23 23:59 | 家族紀行 | Comments(0)
c0066514_9374719.jpg
●どんな人が好きかと聞かれれば「優しく思いやりがあって上品で容姿端麗」ではなく、
『懐深く大胆にして繊細な人』が、理想とする人間像である。
『大胆にして繊細』に、あえて付け加えるなら『自分の弱さを恥じる事なく露呈できる人』 
 まだ小学生の頃、学校への提出物に本人の性格を記す欄があり「大変神経質」と親が書いてたのを覚えている。『神経質』の字が読めたので1年や2年ではないと思いますが、読めても意味が理解出来なかったので、おそらく3年か4年でしょう。
子供ですから、自分の事が神経質な子であるかどうか自己分析ができる感性は無い。
いつも身近にいて始終見ている親がそう言うのだからおそらく間違いはない。c0066514_105741.jpg
 
 物心が付いてから「身の回りの物を片付けなさい」と言われた記憶があまり無い。
ガサツで身辺整理の出来ない人は、苦手で引いてしまう。おそらく相手もコチラの気性を知ってか寄り付かないし深い間柄にも至らない。いつでも何処にいても何が何処にあるかが、分からない人を理解できない。

 言い出せばキリがないけど、自戒も含め。
グズグズ言わず返事はテキパキ。意思表示はハッキリ。決めた時間は守る。
約束は必ず果たす。出来もしない約束はしない。その日の事は、その日のうちに。
自分の言葉に責任を持ち、タラタラ文句を吐かない。身の丈に合った生活をする。
人の話にはいつも素直に耳を傾け、相手の立場に立って物事を考え意見を述べる。
美辞麗句を並べてみても、沈黙は金であっても、究極のところ人間の中身が大切。
もう一つついでに言えば、お札は、皺を伸ばしていつも顔が上は常識中の常識。

 疎外され最も嫌われる性格は百も承知の上。よって、見てない振りが、とても得意。
年々ひどくなる進行形にあり、これらのことを人にそれとなく強要することもある(^O^)
、、、とは言え、近年は物分かりの良い柔軟なオヤジに丸く変身してきたつもり。
殆ど病気かと思われるかも知れませんが、これでも至って常識人を自負しています。
しかし困ったもので、大好物は未だに水平垂直左右対象。いまさら治らないし薬もない。
[PR]
by kazewokiru | 2010-08-22 10:40 | 日々の雑感 | Comments(0)

日経TESTより

c0066514_131348100.gif● 「100年続く企業はない」と、何かの本で読んだ事を覚えています。 「企業は人なり」僕が、教わったのは何なのか?
先日、ソニーの社員が会社を相手に裁判を起こし発明対価の報酬として510万円の支払い命令が会社側に言い渡されました。会社は、株主のものか?経営者のものか?社員のものか?
               が、よく問われます。 終身雇用や滅私奉公は遥かな昔話か。
興味深いサイトを見つけたので拝借しました。 正式名称は「日経経済知力テスト」 
以下、25ある設問より19番目をコピペ。

「会社の寿命」はかつて30年と言われたが、最近は10年説や5年説も出ている。
その理由を考えた場合に、もっとも関係が薄いのはどれか。


①経済のグローバル化によって競争相手が増えた。
②入社しても3年前後で辞める若手社員が増えるなど、雇用の流動化が進んだ。
③情報技術の革新が急速に進み、取り入れの巧拙で経営格差が開くようになった。
④規制緩和、競争を柱とする市場原理が世界的に経営の基準になった。


日経ビジネスが「会社の寿命30年」という仮説を発表したのは1983年。明治以降の日本企業の総資産のベスト100位のランキングの推移などから、企業が活動できる期間は約30年と結論付けた。最近では、企業の盛衰のサイクルはさらに短くなっているという指摘がある。日経ビジネス自身もIT時代の会社の寿命は5年という特集を組んだりしている。主たる要因として挙げられるのは競争のグローバル化、規制緩和、情報化の進展など。情報技術の進展ぶりは1年でヒトの7年分の年をとる犬になぞらえて「ドッグイヤー」と呼ばれたが、さらに進んで1年で18年分をとるというねずみになぞらえて「マウスイヤー」という言い方がされることもある。雇用の流動化はより良い職に就く、より良い人材を獲得するという点で、雇用する側、される側双方にメリットもあり、企業の存続にとって必ずしもマイナスの影響をもたらすだけとは限らない正解②
[PR]
by kazewokiru | 2010-08-21 14:01 | 日々の雑感 | Comments(0)

「今日は開いてます?」

c0066514_11575670.jpg●16、17日の2日間連休。今朝いつも通りに店を開けると立て続けにお客さんが来店されたり「今日は開いてますか?」と電話が入ったり。
個人の店で大っぴらに休みが頂けるのは盆正月くらい。
普段3日も続けて休むと「あそこの店は閉店したの?」と世相を反映して囁かれる。
 若い頃のように無休で働くには、意欲はあっても体が持たない。こうしてお客さんが来店されることが、当てにされている裏返しと有難く感謝している。
朝から、すでに一日分の汗をかいたので、頂いた缶コーヒーを今から飲み干します。
[PR]
by kazewokiru | 2010-08-18 12:48 | 輪談 | Comments(0)

猛暑日の過ごし方

●奥方の運転手兼お供で西宮ガーデンズへ同行。ここは広すぎて、方向音痴の僕には不向きな場所。出来る事ならもう二度と来たくないと来る度いつも思う。
奥方がお買い物の間、暇なもので階下を覗き込んだり、「お盆なので遠方から帰省してるなぁ、、」駐車場を徘徊しながらプレートを見て無意味な時間を潰す。
c0066514_151683.jpg
薄暗いリビングにクーラー効かせ、ガーデンズで買ってきたケーキとアイスコーヒー。
Tシャツ半パン姿で高校野球を一人ブツブツ論評。猛暑日のオヤジは、これに限る。
c0066514_1531326.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2010-08-16 15:41 | 日々の雑感 | Comments(0)

ジジババ抜きで、、

c0066514_1538376.jpg
●息子と娘の二家族7人で旅行に出かけています。行先は、有馬温泉の某ホテル。
先程、娘から立ち寄り先の六甲山牧場から画像が、送られて来ました。
8歳、4歳、2歳三人兄妹のような仲良し従兄妹で、ジジババは勝手に喜んでおります。
明日、ホテルのプールで泳ぐそうですが、右を向いて写ってるみゆちゃん溺れないで。
こちらのフトコロは傷みませんが、このハイシーズンにリッチなご旅行です。
今頃、バァバは何をしてるか知りませんが、貧乏性のジィジは、今日もお仕事。
[PR]
by kazewokiru | 2010-08-15 16:08 | 家族紀行 | Comments(0)

お盆の一日

c0066514_1235670.jpg
●僕が、とも君の頃に父が建立したお墓に一族三世代でお参りに行きました。
几帳面で神経質な息子は、墓土を掘り起こし隅々まで黙々と清掃を仕切っています。
若旦那は、僕に明け方の4時まで無理やり付き合わされた深酒がたたり無念の欠席。
c0066514_12442726.jpg
帰路の途中、レジャービルに立ち寄りちょっと一服。何処へ行っても大勢の人、ひと、ヒト。
c0066514_12474792.jpg
ディナーは伊太飯屋さんへ。食後、とも君宅でくつろぐ。
いつも家族で行動できるのは、孫達が小さい間。息子娘が近くに住居を構えているので、一声掛ければ、直ぐに集まれます。次回は、23日BBQ大会~皆さんお楽しみに。
13日金曜仏滅の余談
ママの運転する高級車が踏切に進入した途端に遮断機が、下りてきて見事直撃(笑)。前を走っていた僕の車に同乗の一人がふり向き「ぎゃ~~」と叫ぶも大過なく通過。
何かにつけ気配りし過ぎ放っておけないバァバは帰宅後バッタリ。
[PR]
by kazewokiru | 2010-08-14 13:05 | 家族紀行 | Comments(0)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru