風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

投票日です。

c0066514_12711.jpg●有権者約1億434万人。期日前投票者数1094万人と前回の1,6倍。関心の高さがうかがえます。
民主党は高支持率を維持したまま選挙戦後半の揺れ戻しもなく、政権交代がいよいよ現実味を帯びて来ました。某評論家は、自民党の公開処刑が始まったと表現している。
 複雑に入り組んだ現代社会(人気番組のキャッチフレーズ)が、政治主導によりどう変化するのかと言う素朴な疑問に答えが直ぐに見つかるほど容易でなく、ある日ふと気付けば住み心地良いニッポンになっているほど甘くない。一人一人が、社会と何らかの関わりを持ち続け生活している上で、政治がどのような形で介入しているかを知り、自分に都合が良くても他者には不都合な政策があり、千差万別である周囲の状況を正しく理解しイエスノーがはっきりと選択が出来る人になりたい、、と、投票日に思う。
[PR]
by kazewokiru | 2009-08-30 11:55 | 日々の雑感 | Comments(0)

2台洗いました。

c0066514_13142720.jpg●休みは、何かと用事を仰せつかります。「今日は何か用事あるの?」と聞かれるのは僕に用事をして欲しい、手伝って欲しいことがあるの裏返し。朝から洗車のお手伝いです。自家用は洗車が趣味の家内が洗っていますので購入して10数年目で初めてお手伝い、仕事の車もついでに洗車とワックスがけ。ピカピカになった仕事の車を撮影しましたら鏡を写したかのように自家用車が写っています。今から高校野球決勝戦をTV観戦、、その後は花屋さん、またその後は娘の付き添いで赤ちゃん本舗。午後からまだまだ、こき使われそう。
[PR]
by kazewokiru | 2009-08-24 13:28 | 日々の雑感 | Comments(0)

ラスト1週間。

c0066514_18114378.jpg●「政権選択選挙」まであと1週間。メディア報道では、驚愕の選挙結果予測を発表しています。前回の小泉劇場郵政選挙よりも関心が高いようで、必ず選挙に行くが某局によると95,1%と凄い。しかし4年前、小泉さんの郵政民営化選挙って何だったんでしょうね。
 「ちょっとだけ顔を見に来て。」と、お客さんに懇願されたので店をほったらかしにして握手と写真撮影をしてきました。支持者約100人に囲まれて先生は5分ほど演説をされ、汗ビッショリで次の集会所へ移動。
 昨夜、我が自治会の夏祭りが催されました。そこへ突然候補者が現れ、「握手してくれはった、、良い人やわぁ~」と、家内。 皆さん、8/30は雨でも必ず選挙に行きましょう!
[PR]
by kazewokiru | 2009-08-23 18:39 | 日々の雑感 | Comments(0)

ママのお弁当

c0066514_14424942.jpg●「お父さん、ちょっと歯医者に行きたいので、とも君習い事の帰り、店に行かせても良いですか?後でお弁当届けますから。」 ママが来て「お父さんのも作って来ました(笑)。」
三色弁当とデザートの梨をとも君と一緒に頂きました。炒りタマゴ、キヌサヤ、鳥のミンチの三色弁当は、家内がよく作りますが、食べて驚き~家内の作ったものと全く同じ味。
 「とも君、この前はプール楽しかったなぁ~」「うん。」店の中で<綱引き、縄跳び、お金の計算>をして遊びました。悪い事をしそうになったり、悪い言葉使いをすると、、「じぃじの息子さんに電話する。」「やめて!」じぃじの息子が、この世で何よりも恐ろしいのです。
[PR]
by kazewokiru | 2009-08-21 14:56 | 家族紀行 | Comments(0)

とも君>反抗期

c0066514_1141851.jpg●とも君との約束で、毎年夏休みに行くプールへ連れて行きました。楽しく遊んでいましたが、反抗期なのか?わがままなのか?急にご機嫌が悪くなり「もう暑いから帰る、、他のとこへ行きたい。」おまけに「じぃじが、プールに行きたいと言ったから一緒に来ただけ。」可愛げない言葉の連発。
息子はこんなこと言わんかったなぁ~等と思いながらプールを後にし家に戻りましたが、帰りの車の中では「ママには言わないで、、、」もう可愛いだけの時期は過ぎましたね。
その日は、娘の家に泊まりましたが、起きるとパジャマをちゃんとたたんでいたとか。
夏休みに入って高野山へ3泊4日の精神修養へ行った成果か?お山へ行かせたママの気持ちも分かります(笑)。子育ての応援は出来ても気力、体力が直ぐピークに達し燃料切れになってしまう昨今ですが、とも君にはステージアップで接しなければ。
[PR]
by kazewokiru | 2009-08-20 12:05 | 家族紀行 | Comments(0)

友人の故郷

c0066514_13583553.jpg
●帰省している友人から絵葉書のような画像が届きました。今年はETCの恩恵を受けて助かると出発前に言ってましたが、時速80km休憩なしで走っても片道10時間。
のどかな所で育った友人らしく素朴な性格の持ち主。生家は煙草の栽培農家でご長男が後を継いでおられ、仕事が無いので高校を卒業と同時に叔父を頼りにこちらに就職している。冬は想像を絶する寒さで寝ていると息で掛け布団が凍り、降雪も半端ではなく、2階から電線をまたいで外に出たとか(電線まで雪が積もってる)。故郷はいいですね。
[PR]
by kazewokiru | 2009-08-15 14:14 | 日々の雑感 | Comments(0)

お昼は、マクド。

c0066514_14445782.jpg●今日から3日間の夏休み。午前中にお墓参りに行って来ました。
お墓の掃除をして線香とローソクを立てお花を添えて手を合わせ、、暑いので滞在時間約20分。帰路はマクドでお昼。
 家内は朝が早いうえ<自治会、孫、犬の世話>毎日重労働、、2階でお昼寝か(笑)?
今、クーラーの良く効いた部屋で高校野球を見ながらブログの更新、、静かなお昼です。
[PR]
by kazewokiru | 2009-08-12 15:02 | 日々の雑感 | Comments(0)

「戦争、、いやや。」

●「どこか、とも君が機嫌が良くなる所へ連れて行って、、」
何で、坊主の機嫌を取らんとあかんのか?暇を持て余していたので連れて行きました。
バッティングセンターと夙川公園へ。
c0066514_10251860.jpg
昨夜、吉岡秀隆が、演じる赤紙配達人のドラマを放映していました。皆で一緒に見ていると「じぃじ、戦争って何?」と珍しく真剣に尋ねます。「国と国との喧嘩。」「とも君も大きくなったら行くの?」「今は戦争が無いから大丈夫。」「戦争、、いやや。何か、、怖い。」
「とも君は、細いから丙種合格かな?」冗談を織り交ぜながら、分かるように戦争の話を。
「何で戦争するの?」いつまでも真剣に不安そうに素朴な質問が続きました。
[PR]
by kazewokiru | 2009-08-11 10:44 | 家族紀行 | Comments(0)

やっと梅雨明け

c0066514_23584992.jpg
●本日やっと梅雨明け。愛犬3匹の内2匹を連れ近くの河川敷にあるDogrun広場へ。
c0066514_23501887.jpg
ワンちゃん達は元気に走りまくってますが、暑さのせいでハーハーと熱い息を吐きばてています。家内は犬仲間同士で会話が弾んでましたが、知らないオバサン達の会話の中に入るのは気が引ける。会話の中に入れない事はないけど、いつものしょうむない事を言うと、後で叱られるので素知らぬ顔で蚊に刺されながら耳だけ傾けておりました。
[PR]
by kazewokiru | 2009-08-03 23:12 | 日々の雑感 | Comments(0)

いつも笑顔を、、☆彡

c0066514_9554725.jpg●昨年の今日、朝8時55分史上最強の3人目の孫が誕生しました。
★いつも笑顔を有り難う★
誕生を記念して読売新聞に投稿すると、今朝の新聞に掲載されていました。
こちらから朝刊を複数部お願いしようと連絡をすると、新聞販売店から「3部ご用意させて頂いております。」さすがにサービスが行き届いていますね。
で、祝宴は若旦那のご両親が昼の部、夜の部は我が家で。お誕生日のケーキが2つ重なるのでどうしよう?と、娘に尋ねると「2つとも食べたい。」母親になっても相変わらず贅沢は変わらない。
--------------------------------------------------------------------
今朝、お盆のお参りにいつもお世話になっているお坊さんが来られました。
「8時30分から9時30分の間に伺います。」と、事前に聞いていましたが、インターフォンが鳴り、時計を見るとぴったり8時30分。「今日は、ぴったりですね。」「はい、去年叱られましたから(笑)、一年は早いですね。」住職は覚えていたのです。昨年も同じ日同じ時間にお参りをして頂きましたが、住職が少し遅れて、、その間に娘が産気付き、、家内は病院へ急ぎ、僕は家でイライラと遅い住職を待っていました。9時前にお経が始まり、丁度その頃に産声を上げました。何とも有り難い1年前のお話。
c0066514_18412970.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2009-08-02 11:25 | 家族紀行 | Comments(0)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru