風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

一日一冊

c0066514_13113464.jpg●「息子さんには大変お世話になって本当に良くして頂いています。最初にお父さんにお目に掛かった時はビックリしました。容姿表情がそっくりで、何より声のトーンが全く一緒、、」
最初お目に掛かったという事は以前にも面識があると言うことになるが、僕は全くの初対面のつもりで話していた。某ハウスメーカーに勤めておられるTさんは息子が仕事上でお世話になっている方なのでしょう。はっきりと覚えていないが、Tさんの頭はスポーツ刈りというより角刈り頭というのか今時には珍しいスタイルであった。Tさんはチャラチャラとお世辞を言うタイプの印象ではなかったので「息子さんには良くして頂いています、、」の言葉が、父親の僕にはたいそう重く嬉しく感じられた。
生まれてから今日に至るまで母親には口では表現できない無償の愛を注入され続け、、どんな社会人になるのやら?と、
案じていましたが、人の役に立っていると聞けば、、これで良かったと思える。
僕が息子に似ているのではなく、息子が僕に似ているのだ、、気の毒に。
------------------------------------------------------------------
一日一冊「東野圭吾」を読んでいるので、やや小説家気取りの文面、感化されやすい。
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-30 13:33 | 日々の雑感 | Comments(0)
c0066514_1037552.jpg布団の中で『容疑者Xの献身』を読み終えたのが深夜3時40分、、今朝は眠い。
本は一気に読まないと気が済まないので読書の秋はいつも寝不足気味。前々から娘に勧められていた東野圭吾の作品を読んでいます。僕はどちらかというとモノの考え方を書いたHOW TOモノが好きなのですが、
東野さんが「自分が今まで書いてきた作品の中でまちがいなくベスト5に入る」と言われるだけあって時間を忘れ読みふけりました。数学者VS物理学者の謎解きは刻々と情景を変化させ読者を作品の中に引きずり込んでいきます。次はお馴染みの『手紙』。
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-29 10:59 | 日々の雑感 | Comments(0)

家屋工事29日目

c0066514_22372547.jpg●当初の予定では完成しているはずが遅れてます。僕の勘では、順調に運んであと1週間。外の工事なので雨で仕事の段取りが狂ったり、強固なOさんが食あたりで急に血圧が下がり体調をこわされ入院されたり。
Oさんは、「仕事がつかえてるから何日も入院しておれんので、血圧測る時に腕を折り曲げ血圧を無理やり上げて出て来ましたわ(笑)。」
 今日は休業日で朝からタイル張りの見学をしていました。ブロックの表面を平らにして目地になるセメントを塗り、タイルを一枚一枚手作業で貼り付けて、タイルとタイルの隙間をパテで押さえて終わり。「簡単そうに見えますけど、難しいんでしょうな?」「いえいえ、人間のすることですから、誰にでも直ぐ簡単に出来ますわ。」「・・・・。」
あとは玄関の出入り口タイル張替えとガレージの改修です。
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-27 23:00 | 日々の雑感 | Comments(0)

Yちゃん、、ご馳走様。

c0066514_2344929.jpg
●おもち、明太子、すじ肉、イカ、豚肉などのトッピングで若旦那Yちゃんが、またまた作ってくれました。お好み焼き、焼きそば、焼きうどん、デザートにリンゴを上手に剥いてくれました。それとロールケーキにアイスコーヒー、、まぁ良く食べ飲みました。
画像を拡大すると、靴下に小さな穴があいてるのが分かると思いますが、、靴を履けば分からん。これで良いんです。後で娘に穴あき画像を送りますと「今朝から気付いてた。」
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-26 23:26 | 家族紀行 | Comments(0)

元女子中学生

c0066514_15212743.jpg●雨の中、40数年前の女子中学生が二人連れで商売の邪魔をしに来ました(笑)。彼女達とは通っていた小学校も同じで自宅も近所にありました。同級生と言うより幼馴染と言った方が言葉が似合います。家にお風呂が無かった時代でしたので、小学校の低学年の頃、僕は母と一緒によく大衆浴場へ行っていましたが、彼女達とお風呂の中で遊んでいたらしい、、、懐かしくも赤面もののしょうむない話しをてくれました。
 来月9回目の同窓会が行われますが、この二人は暇なので中学校同窓会の世話役を引き受けてくれています。2年に一度の開催とは言え9回目にもなると鮮度が失われ回を重ねる毎に参加者が減少して会場の経費の捻出が難しい、、と、こぼしていました。
僕は仕事の都合で毎回3次会からの出席で、皆さんが既に出来上がってる所に入り込むのに時間がかかりますが、利害関係や社会的地位等とは全く無縁の同窓生との会話は肩が懲りません。話しの中身は、、退職後、年金、健康、親、そして孫が加わります。
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-22 16:27 | 日々の雑感 | Comments(0)

お留守番

c0066514_16124314.jpg
●今日は奥方がお出掛けの為、終日お留守番。何もする事がなく怠惰な一日でした。
午前中は犬の散歩と自宅の改修工事でタイル屋さんとの打ち合わせ。
お腹が空いたので娘の家へブラブラ行き特製うどんと昨日の自治会運動会に出された
お弁当を食べ、孫と戯れながら『緒形 拳』の何とか言うビデオを見ながら良い所で爆睡。
3時前に目が覚め「3時の休憩に大工さんにお茶を出す。」ように言われていたのを思い出し慌てて家に戻り冷えたペットボトルを渡すけど、休憩無しでお茶を飲まなかった。
「若旦那と娘の娘の顔が似てる。」と言うので見比べました。似てると言えば似ている。 娘から赤ちゃんが誘拐されたら困るから載せない様に言われてますが、赤ん坊の顔は
毎日変わります。先日、お宮参りを済ませました。<右画像は若旦那お宮参りの写真>
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-20 16:29 | 日々の雑感 | Comments(0)

家屋工事19日目

c0066514_935565.jpg
●玄関周りの改修の工事に入って19日目。長年に渡って風雨にさらされ傷む度に何度も何度もニス塗り補修をした玄関ドアが取り外され可哀想に無造作に横たわっています。
完成までに要する期間は1ヶ月なので2/3経過ですが、まだまだ気の毒な外観です。
新しい玄関ドアが昨日取り付けられたので、古い鍵をキーホルダーから外し燃えないゴミ入れに捨てました。、、が、25年も事故なく我が家を守ってくれた、、言わば縁起の良いモノです。今朝ゴミ箱をあさって探し出し、僕の捨てられないモノ『秘蔵品』に加えました。
秘蔵品のコレクションには恥ずかしくて人前に出せない色んなモノが一杯あります。
子供が小さい頃に書いてくれた落書きのような手紙、●●記念に走った高速道路の領収書、捨てるに捨てられないモノ、、誰にでもこんな収集癖の習慣ありますね(笑)。
時間がたてば、秘蔵品をしまい込んだ所、秘蔵品そのモノも忘れそうですけど。
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-17 10:12 | 日々の雑感 | Comments(0)

まだまだ上がる↗

c0066514_10403383.jpg
●値上げの秋。まだまだ自転車の部品価格は上がり続けています。部品が上がれば、
完成車価格も自ずと上昇します。昨年から、何だかんだと言って、数え切れない程の価格調整です。殆どの部品は海外調達に関わらず、昨今の円高でも上がります。高値で安定するまで上がり続けるでしょう。しかし一旦、高値で安定すれば、しばらくは下がらない。
 先月も大手のホームセンターに納入している業者が倒産しましたが、ホームセンターは薄利で経営をしていますので、納入業者は泣かされ続けていたのでしょうか。ホームセンターは業者を泣かすだけ泣かし潰れると、また新規の納入業者を見つけるのでしょう。
昨年暮から平均25%程度の値上げ、、もう販売店で価格上昇分の吸収は不可能。
モノが高ければ売れない、モノが売れなければ売り上げは下がる、売り上げが下がれば収益が落ちる、収益が落ちれば所得が下がる、、負の連鎖。中小業者には厳しい秋。
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-13 11:07 | 輪談 | Comments(0)

毎朝、、一気飲み。

c0066514_1012093.jpgジャイアンツファンの皆様、見事なMake-Legend
セリーグ制覇おめでとうございます。そしてタイガースファンの皆様、世紀のV逸準優勝おめでとう。消沈しないでクライマックスシリーズで盛り上がりましょう。
--------------------
●コレステロールが高めで処方された薬を10年ほど前から5年前まで飲んでいました。薬のお陰で数値は正常値になっていましたが、薬物に依存するのはよろしくない。5年前から毎朝飲んでいるのが画像の緑色のジュースです。内容物は、青汁、きな粉、ヨーグルト、黒胡麻、バナナ、等々、どれも厳選素材らしい。 この手の怪しそうなジュースは、素人では味わいながら飲める代物ではありませんが、5年も飲み続けていると微妙な味の変化に気付きます。ジューサーに沈殿し残っているのを水で薄めマルちゃんにも飲ませています。12歳45kgの大型犬ですが、一時期諦めていた急な階段を上り下りするようになっています。家人も高めで当初は飲んでいましたが、早々と途中棄権。私はギリギリ正常値を保っています。
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-11 10:40 | 日々の雑感 | Comments(0)

遠い記憶の中に、、

c0066514_13294557.jpg●今年もまた今日という日が巡ってきた。25歳で父の元へと嫁ぎ子供3人を残し41歳の若さで逝った母。
その日の出来事は脳裏から失せる事無くトラウマの 如くはっきりと今も蘇る。
早朝、母の弟が激しく玄関を叩く、父が私達3人を起こし、急いで母のいる病院へ向う、、運転席の父は無言でハンドルを握っていた。
病室に入ると、気丈な祖母が一人で私達が着くのを待っていた。病室内で祖母は母の最期の様子を父に話した。私と妹弟は並んで椅子に座らされ泣いた。世間の人や友人は口に出さなくても、おそらく私達3人の兄弟に対し『気の毒、可哀想』こんな目で見ていたのでしょう。しかし、僕個人は全く気の毒でも可哀想でもなかった。むしろ厳し過ぎた母から開放され多感な時期を何の規制も無く好き勝手に過していた。しかし、それから5年後に父が他界。これには参った。妹弟に泣くなと言った。
情けないけど自分には親を懐かしみ泣く余裕もない。これほど参った事は今までに無い。この時も、世間の人や友人には『気の毒でも可哀想でもない。』と前よりもっと大きく書いた看板をぶら下げていた。すでに看板は取り外されているけど『俺は強い!』と、いつからか書き換えている。荒波に打たれ弱い人間が自分に掛ける暗示です。
[PR]
by kazewokiru | 2008-10-09 15:07 | 日々の雑感 | Comments(0)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru