風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

すっきり!

c0066514_122792.jpg
c0066514_1205544.jpg●2週間前、木曜日夜の出来事。
「今夜、最終回やね。」とお互い言い合いながら、知らない間に時間を通り過していました。二人とも症状が出始めたのか?信じられない!と顔を見合す。あれだけ楽しみに毎週欠かさず見ていた倉本 總さんの「拝啓、父上様」最終回を見事に見逃していたのです。・・で、ありとあらゆる人脈を利用しDVDに撮っておられた方を見つけ出し2週間遅れて最終回を先程見終えました。舞台は、神楽坂の料亭「坂下」にまつわる一平、雪乃ちゃん、竜次さん、ナオミ、津山先生・・それぞれの人間模様を倉本さんならではの切り口でドラマ化された「北の国から」「優しい時間」と同じ香りがしました。
見終えると高橋選手の先頭打者初球ホームランの映像。G党にも春が来て・・すっきり!
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-30 23:55 | 日々の雑感 | Comments(0)

あ~疲れた

c0066514_1204717.jpg
●日々運動不足なので何かしなければと考えつつ何もしないで過ごしています。日頃再々、運動&健康オタク気味の娘からフィットネスクラブへ一緒に通おうと勧められており、今日はM駅前のスポーツジムへ一日体験コースとやらに一緒に行って来ました。娘は昨年の9月から通っており確かにスリムに体型も維持しているようで、そう言えば風邪も引かなくなった。夕方6時に入り10時まで4時間たっぷりと汗を流しました。最初に簡単なメディカルチェックを受けました。<体型分析=理想的・基礎代謝、BMI、体水分検査、体バランス=標準・フィットネススコアー=アスリート>予想外のA判定で、これならジムに通う必要が無い。c0066514_15849.jpg一通りのトレーニングマシンで筋肉トレーニングをしヨガの体操、ダンベルを使ったトレーニング等々。トレーナーに伺いますと、このジムには会員2600名が在籍しているとか。4階建てのジム内には常時300名ほどの方がトレーニングをされているようで、全く私の知らない空間がここにありました。皆さん脇目も触れず自分の世界で黙々と汗を流しておられ健康志向ブームと言われて久しい昨今こんなに凄い世界があることに驚きました。家内は、僕がジムに通うものとフィットネスシューズを買ってくれましたが思案中。心地よい疲れで今夜は良く眠れそう。
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-26 23:45 | 日々の雑感 | Comments(0)

2画面でTV観戦

c0066514_15391764.jpg
c0066514_15485974.jpg●我が家のTVは2画面で見る事が出来ます。   昨夜は恕騰のスポーツラッシュ!僕は、マリックの手品が良かったんですが。
普段は物静かな家内ですが、運転中とスポーツ観戦中には人格が微妙に変化します。「お父さん!早く2画面!」亀田興毅のボクシングに始まりオシムジャパン、女子のフィギァスケート、シンクロまで「ギャーキャ~」横で見ているだけで疲れました。今日は店で静かに野球中継の2画面。
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-25 15:51 | 日々の雑感 | Comments(0)

宝塚ガーデンフィールズ

c0066514_11581288.jpg
●最近の休日は、いつもペットショップ巡りが続いています。昨日は、とも君のママ、とも君の妹も同行しました。ここはファミリーランドの跡地に建設された宝塚ガーデンフィールズ内にあるペットショップです。ウィークデイは空いていてお店には悪いけど子供を遊ばすには安全でお金も掛からず自然に時間も過ぎて行きます。エリア内にはペットパーク(動物の運動場)があり様々な犬が走り回り愛犬家さんは犬の動きに目を追っています。
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-20 12:18 | 街角の風景 | Comments(0)

小椋 佳さん

c0066514_142130.jpg
●昨夜のNHKプレミアム10では『小椋 佳 63歳のメッセージ』が放映されていました。小椋 佳さんの<過去・現在・未来>を中村雅俊さんとの語りの中で人生の節々を振り返りながらの1時間30分は見応え聴き応えがありました。
 63歳になっても曲を作り発表できる事の歓びを感じていると言う。
我々にも今なお人生の応援歌を贈り続けてくれている。
「もう」と言い「まだ」と言う-「もう」と言うのは下り坂、「まだ」と言うのは上り坂。
人生はいつも坂道に耐えている・・坂を下る人生は寂しいもの。
「もう」なのか?「まだ」なのか?「もう」を認めつつ「まだ」の部分を生きる。
団塊の世代へのメッセージに留まらない言葉の力に共感しました。
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-13 01:29 | 人間観察記 | Comments(0)

今日もペット関連

c0066514_217515.jpg
●連日ペットのセールの折込が入っているようで今日も某ショップへ。犬好きには2匹飼うのも3匹飼うも同じなので「ゴールデンレトリバーの可愛い子がいた。」と言うので3匹目を目指し張り切って行って来ました。「可愛い子がいた」と言うように家内は3日連続の見学です。昨日居た、お目当てのワンちゃん・・幸か不幸か本日は姿を消していました。
c0066514_2118660.jpg
今日は近所の美容室(犬の)でマルちゃんをカットして頂きました。迎えに行きますと虚ろな眼をして床に伏せていましたが、ガラス越しに僕と眼が合うなり吠えまくりです。
c0066514_2123248.jpg
お嬢さんなので耳元にピンクのお飾りを付けてもらいましたが顔に馴染みません。
マーくんは、もうすっかりマルちゃんになついて尻尾を噛んで戯れています。
熟年夫婦にはペットが何より(汗)。
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-12 21:27 | 日々の雑感 | Comments(0)

ようこそ我が家へ!

c0066514_23103816.jpg
●我が家の新しい家族『マーくん』<平成18年12月30日生♂柴犬>です。
犬は飼い慣れていますのでこちらが神経質になることはありません。幼犬は環境の変化に敏感なので静かな居場所を与えることが大切です。クンクン泣くから可哀想と思い抱っこばかりしていると抱き癖がついて人間様が眠れない日々を過ごさなければなりません。
老犬と幼犬を一緒に飼うことは老犬にとってはかなりのストレスが溜まるのですが・・・
対面式の後、ソワソワウロウロしっぱなしで落ち着きがありません。
マルちゃんは新規参入者を快く受け入れてくれたのでしょうか?c0066514_23243961.jpg
キャンキャンと泣き続けますが抱いては負け!
ケージにシーツを覆いかぶせ暗くしますと静かにおとなしくなります。それを待っていたかのようにマルちゃんもやっと落ち着き自分のケージに入りグ~グ~と
寝息を立てています。
今日はマルちゃん11歳の誕生日☆彡大変な誕生日
プレゼントがやって来た。
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-10 00:13 | 家族紀行 | Comments(0)

Fさんは年中無休

c0066514_1755070.jpg●昭和4年生まれのFさんは今年数えの79歳。
メール便の配達業務をされています。朝5時起床-夜9時就寝。ほぼ今日の配達が終わられたようなので、ちょっと立ち話をしました。
60歳で一般企業を定年退職をされ一息つくまもなくそのまま就職され、現在はこのお仕事をされていますが、お伺いしますと、1年365日無休で働いているとか。無論、盆も正月もずっと。
一日の仕事の始まりは7時5分前に出社し、その日の配達物を自転車の前後のカゴに
ドッサリと積み込むことから、毎日平均300軒ほど配達するそうです。
会社で支給された防寒用のズボンが、自転車に乗り過ぎでサドルに擦れて破れて来たと笑っておられましたが、頭が下がる。25歳年下の僕は、朝から久しぶりの悪寒と発熱、今日は暇で良かったと内心ホッとしている自分とは、鍛え方と心構えが大違い。
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-08 17:22 | 人間観察記 | Comments(0)

ペットショップ巡り

c0066514_23294595.jpg
●長い付き合いなので言い出したら誰の話も聞かないのは熟知しております。
しかし!一家の主は、飼うとも買うともまだ一言も何にも意見を発しておりません・・が、
もう無駄なような気がする。今日は、近郊のペットショップ5軒を見学。
どの犬を見ても「可愛い!可愛い!お父さん、どうこれ?」の連発。
3匹いたのが一匹になったので「寂しい寂しい」と言う気持ちは理解できますけど。
c0066514_23414975.jpg
飼いたいと言っていた黒い柴犬が5軒の中に一匹だけいたのです。しかし商談中の札。店員さんと話し込んでいたのを知らん顔しながら聞き耳立ててチラチラ眺めていました。「明日、買う!」「俺は、毛の長い犬が好き!」とだけボソボソ小声で。
夜になると画像を見ながら~「マー君可愛い!」と娘と言い合ってます。
・・・・・「マー君?」
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-05 23:55 | 日々の雑感 | Comments(0)

セピア色の写真

c0066514_11424239.jpg●ここは奈良公園でしょうか?私を抱いた若い母。父は写真好きの人でした。この写真は、いつも大切に運転免許証と一緒に所持していたものですが、何処かにしまい込んで行方不明になっていました。
そして、その事が今まで何度も脳裏を過ぎっていた。昨日家に戻ると「お父さん、泣かないように・・」
「はぁ?」家内が指差す所を見るとこの写真。
タンスの中を整理していて見つけたようです。当時の記憶もなく泣けるほどの写真じゃないけれど、50年前に父が写した母の姿が何十年振りか?やっと手元に戻ってきました。
もう行方不明にならないよう日記帳の最後のページに貼り付けました。
[PR]
by kazewokiru | 2007-03-04 12:23 | 家族紀行 | Comments(0)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru