風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0066514_10211197.jpg●3ヶ月前に光を申し込んでいました。住まいが田舎なので「開通は、年末から年明けです。」と、NTTから言われていましたが、3ヶ月も早く工事が行われる事となり慌ててPCを購入。世間からかなりの遅れをとっていた我が家にも、やっと昨日からPC環境が整いました。当然のごとく僕にとってはは、神様のような存在の『とし先生』に工事の立会いから開通までの一切合切をお願いしました。
 私鉄M駅11時に待ち合わせをお願いし、10時30、40、50分にM駅到着を時刻表で確認してM駅で25分前から待機。几帳面な先生は、10時50分の電車で到着されたのを改札付近で僕は確認しましたが、やがて姿が見えなくなる。「あれ、何処へ行かれたのかな?」と、ボンヤリしていると~知らない間に僕のすぐ横で、わざと知らん顔して無言で立っている。朝から1本やられました。「先生!ええかげんにして!」ー駅から我が家へ直行しダンボールに入ったままのPCと周辺機器を開封。前日の夜2時まで掛かって部屋の模様替えをし、やっと決めたPC設置場所にテキパキと慣れた手つきで設置して頂きました。箱を開封しケーブルを繋いで僅か10分足らずで完了(勿論、設定マニュアルには目もくれず)。出勤前の娘が、顔を出し先生にご挨拶~実は、ご長女と同名。「同じ名前を付けられて可哀想にー」と、笑みを浮かべながら先生。
 工事が1時からなので、それまでの間、家の中を家内に内緒で(笑)案内をしたり僕の知らない操作をして頂いたり昼食をとったり。定刻の1時ピッタリに工事関係者が来てケーブルを自宅の中に引き込み接続完了。僕が、工事の方にトンチンカンな事を言っているので、先生は中に入り上手くリードをしてくれた。5時過ぎに我が家を後にされるまで、フリーソフトのインストールや先生に事前に購入して頂いていたskypeに使用するマイク・WEBカメラ等もセットして頂く。c0066514_12402690.jpg僕以上にPC未経験の家内は見てるだけ。ほぼ作業が、終了したのは5時過ぎでM駅まで先生をお送りしました。
「本当に良い先生やねぇー」と、家内が言い、やや自慢げに頷く。店同様自宅のPCメンテもこれに懲りずに時々お願い致します。
高校一年のたった一年間、担任を受け持って頂いたご縁で、まさか30数年後に、このような事で、お付き合い(笑)が、あるとは幸せ者。 
* * * * * * *
彼女は、深夜まで遠方にいる親友とskype通話を楽しんでいました。
私達夫婦にも「孫の観察」と言う全世界共通ジジババの趣味がありますが、今後はPC設置を機会に2つ目の共通の趣味にでもなれれば良いかな?と、思ってみたり・・・。
[PR]
by kazewokiru | 2006-08-29 13:08 | 日々の雑感 | Comments(0)

「処暑」暑さも峠

c0066514_15222982.jpg●今日は、二十四節気の一つ処暑。「暑さが峠を越えて後退し始めるころ」である。夏の高校野球も終わり、世間話に事欠くようになりつつあるけれど、紀子さん御出産やもう決まってる次期総理の話題へ移っていくのかな?
斎藤タオルで一週間は、引っ張れないでしょうし。
子供の頃には、平気で掴んでいた蝉もセミさんには悪いけどよ~く見るとややコワイ(画像小さめに)、大人になるとどうして苦手になるんでしょう。
今年も夏の盛りに鳴き続けていた蝉も心なしかトーンダウンしてきました。
先程、店先の自転車のタイヤにしがみ付き背を下にして休んでる蝉を見つけました。
ややお疲れのようで一時間近くも羽休めの後、やがて棲家のある前の公園に帰って行きました・・ただそれだけの話です(笑)。
[PR]
by kazewokiru | 2006-08-23 16:16 | 日々の雑感 | Comments(0)

歓声の中で

c0066514_955499.jpg●「お父さん、いつまで寝てるの!切符無くなる。」早々に叩き起こされました。「もう行っても無理、暑いし家で見よう。」と、言っても無言。涼しい家でのTV観戦をあきらめ入場券を買い求めに甲子園へ到着が、9時過ぎーすでに長蛇の列でした。なんとか仰せ通りのバックネット中央席の切符を2枚購入し、一旦帰宅した家内を入場門付近で待っていると、日頃懇意にさせて頂いている、大阪ABC朝日放送スポーツアナ伊藤史隆さんと遭遇「あぁ伊藤さん、おはよう。」「昨日は、長時間ご苦労様でした。で、今日も喋るの?」「ええ、行き掛かり上(笑)、石川星陵の山下監督と。今日は観戦ですか?よく切符変えましたね。」等と、しばし立ち話を。伊藤さんは普段の会話でもいつも丁寧で良い声。(画像掲載は、伊藤さんの了承を得ています。)c0066514_10503776.jpg
*  *  *  *  *
試合開始時間午後一時。駒大苫小牧の夏三連覇を阻止した早稲田実業に栄冠は輝き、長かった球児達の夏の終焉を目の当たりにした観衆からは、いつまでも止む事の無い喝采。
この後に続く球児達の人生にエールを贈る。
c0066514_1141445.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2006-08-22 11:05 | 日々の雑感 | Comments(0)

引き分け再試合へ

c0066514_16474747.jpg
●延長15回1-1引き分け再試合、間違いなく歴史に名を刻む一戦でした。
駒大苫小牧vs早稲田実業は、見事な投手戦でテレビの前で釘付け状態。勝利の女神は、彷徨っている。「勝って良し負けて良し」甲子園の球児達は、移り行く季節を留めた。
[PR]
by kazewokiru | 2006-08-20 17:15 | 日々の雑感 | Comments(0)

猛暑の中を

c0066514_1162017.jpg●14-16日は、お盆休み。初日は海水浴、2日目は高校野球観戦、3日目はお墓参りの予定でしたが2日目の早朝「じぃーじ!ビューと早く来て!もうご飯食べたから。」早く車で迎えに来いととも君からの指令で、お迎えに。とも君の家に着くとすでにリュックを背負い野球帽をかぶり玄関でスタンバイ「ママ、行って来まぁ~す。」38度の猛暑の中を何度も行ってる王子動物園へ。お気に入りの乗り物に一通り乗って、動物も全部見て、ソフトクリーム食べて、ソウケンビ茶飲んで・・帰りにマクドに寄り一服、ポテトを食べました(ポテトしか食べない)。c0066514_1134252.jpg
帰宅後、盆休みには庭木の剪定をするように言われていたので、二人で2時間ほどかけて念入りに、、「とも君も手伝ってあげる。」と、ホースで水ばかり撒いてばぁーばに叱られる。汗をビッショリかいたのでシャワーをしながらお風呂でひとしきり遊んで・・ふぅ~。翌日は、猛暑を避けて夕方近くからお墓参りへ行き、予約していたサンマルクで食事後、「ウルトラマン」を叫びにカラオケ屋さんへ直行♪セブンセブンセブン~♪やコブクロなど誰に似たのかマイクを離さない。
やっと今日から仕事、「今日は開いてますか?」と店を開けるなりお客さんから電話2本。
[PR]
by kazewokiru | 2006-08-17 12:02 | 街角の風景 | Comments(0)

探検家・関野吉晴さん

c0066514_935971.jpg●探検家・関谷吉晴は、8年3ヶ月かけて、南米最南端からアフリカ・タンザニアまで、人類の拡散ルートを逆にたどるという偉業を成し遂げた。この旅の途中、日本人はどこからやって来たのかという疑問を持った関野は、日本人の祖先が日本にやって来たと思われる三つの主要ルートを設定。そのうちの一つ"北方ルート"を旅する模様をおくる。アムール川付近の先住民との暮らしや、北極圏の遊牧民族との触れ合いなど、旅先の人たちと交流を深めながら旅を勧めていく。サハリンでは、戦争に翻弄されたある女性から話を聞く。そして、ゴールの北海道を目指す。
            *   *   *   *   *     (画像・文章は、Y紙より)
 今回の放映は、360度見渡す限り地平線のモンゴル大平原を自転車で出発しロシアから凍りついた間宮海峡を歩いて渡り樺太から北海道稚内を到着地点とする旅。
日本に近づくにつれ日本人に似た顔つきをしているのが印象的。探検と冒険とは、危険の度合いが全く異なり、探検なら自分にでも出来そうなと、関野さんの親しみある優しそうなお人柄も手伝い「探検家」を身近に感じる。一緒に現地に入り撮影している方のおられることが、画面の向こう側にあることをついつい考えてしまい、数多くのスポンサーを始めとしヘルパーさんの同行など冒険家との違いが素人ながら見えてしまう。
「やれる時に、好きな事をやるー幸せな男」と、自分で結んでおられた。
次回、日本人のルーツは、南方ルート「ネパール~九州」2007年春到着予定。
[PR]
by kazewokiru | 2006-08-13 10:33 | 人間観察記 | Comments(0)

井上和平さん

c0066514_11251687.jpg●昨夜9時のNHKニュースで「井上和平さん」を紹介していました。現在、明治生まれの94歳。永年勤めた機会メーカーの技術屋さんですが、一時間をかけた通勤に疲れを感じるようになり、ついに定年を迎えられた。すでに3人の息子さんは定年している。井上さんの会社では、永年の蓄積を生かし60~70歳代の方が多く働く職場であるらしいとの紹介がされていました。「人間は、動いている事が必要で、常に前に進む、後ずさりしては駄目。」最後の挨拶で井上さんは皆に語った。定年4日前にもアイデアが浮かび研究を続けたとか。
 少子化や年金等の問題もあり、社会は定年延長の流れになりつつありますが、ごく一部の取締役や研究等の類の特殊な職種を除き殆どの会社では60歳になればトコロテン式に退社をし第二ステージを迎える。自分の周りの会社勤めをしている友人なども例外でなく、会えば年金や第二ステージの話が、会話の中に占める割合が多くなってきているのを会社勤めをしていない自分には乖離や違和感を覚える。ある友人なども「お前には、定年が無いので羨ましい。」等と真剣に言うので人からは、そう思われているのか?と、不思議に思う。仕事であろうが趣味であろうが、自分がやりたい事が出来る環境を確保し活き活きとした、しぶとい年寄りになりたいものである。
「50代をどう生きるか?でその後に続く人生を大きく左右する。」と、日野原重明さんは、語っておられる。50代の過ごし方の大切さは60歳到達時になれば分かるのか?
世間は、今日あたりから本格的な盆休みー堂々と胸を張って一週間程休みたいもの。
[PR]
by kazewokiru | 2006-08-12 12:02 | 人間観察記 | Comments(0)

辛いお話

c0066514_10253067.jpg●自分のブログだからと言って何を綴っても良いのか?と、戸惑いつつも。
最近、僕のすぐ近くにあった辛いお話に襟を正して。
石原慎太郎のエッセイに「老いてこそ人生」というのがありますが、これは「生きてこそ人生」と言い換えてもいいような人生です。<Nさんは、ご事情があって一人暮らしをしておられた60歳男性、先日ご自宅で熱中症により他界。Nさんとは、同じ自治会の役員で、自治会運営の難しさを時折僕にこぼしておられた事が、虚しくも懐かしい。お向かいのNさんも翌日、同じ熱中症で倒れるも家人が、いち早く発見され大事には至らなかった。><同年代の知人は、離婚後3人の娘さんを引き取り生活を始めた。その後、縁あって娘さん2人のいる女性と再婚され知人は5人娘の父親になった。商売も順調に運んでいた矢先に再婚相手が突然の他界。今は、5人の娘さんとの暮らしがある。><友人のお姉さんは、
20歳で結婚し4人の子供を授かり幸せな家庭生活が、41歳の時にご主人が他界、以後15年女手一つで子供4人を育てたーと、幼馴染で親しい間柄なので、昨日明るく話して下さいました。>相田みつをさんは、「涙なんか見せちゃダメ」と、書を遺しておられますが、生きていると辛い人生話に出くわす。
 今日も甲子園では、球児が白球を追い、向いの公園でも朝からずっとセミがうるさく鳴き続けているーいつもの夏景色。人の数だけ人間模様があると飲み込む。
[PR]
by kazewokiru | 2006-08-10 12:32 | 日々の雑感 | Comments(0)

能登を満喫

c0066514_1046210.jpg
●今年の夏もN君の好意により北陸の盛夏を大いに楽しんできました。
 5日正午前福井に到着後、駅近くにあるNの家に行きご両親にご挨拶。いつもお母さんは、僕に向かって正座され三つ指を付き深々と頭を下げられる。「息子は、いつもKさんが来られるのを楽しみに待っております。」傍らで10歳年上のお父さんもうなずいてーNは、ご両親がご健在で何より。(お父さんの白髪とお母さんの黒髪がとても印象的)
 Nの車で一路能登半島へー心地よいエアコンの効いた車内ではあるが、入道雲が盛夏を感じさせる。『のとじま水族館』で童心に戻りイルカショウやラッコの見物等、夏休みなので大勢の家族連れで賑わっておりイルカさん達も張り切って演技をしておりました。
c0066514_11275467.jpgc0066514_11323429.jpg










 夜は、金沢山手の高台にある「たち屋」と言う名の料理店に案内され豪華な郷土料理に舌鼓。Nは美酒に酔う。視界にに広がる金沢の真っ暗な夜景に、夏の風物詩見事な打ち上げ花火が見渡せ、料理の味をより一層引き立たせ、日本で生まれて良かった(笑)と、共に幸福感を味わう小市民である。(左画像は、2日目の夜「錦場」どじょうのから揚げ)
c0066514_11473748.jpg
 翌日は、恒例になっている千里浜へ海水浴。今年も大勢の人出で全国各地からのナンバープレートを目にした。今日は、日焼けが痛いー特に背中。
50歳を過ぎ年甲斐も無く、いつものように大はしゃぎした、Nとの3日間が過ぎて行った。
[PR]
by kazewokiru | 2006-08-08 12:12 | 街角の風景 | Comments(0)

自分に『暑中お見舞い』

c0066514_1152140.jpg●明日から3日間プチ夏休み旅行。自分で言うのもおかしいけれど「今年前半も大変良く働きました。」 
今日で2週間休み無し、
風邪をこじらせながらの肉体労働で疲労がピーク(泣)。子供の遠足の前日のような心境で明日を待っています。
←今夜は、このお知らせをシャッターに引っ掛けて
ウキウキと閉店です。
(お客様、ゴメンナサイ)

オフタイムの過ごし方は、上手くありませんが、知らない場所を訪れる時、初めて目にする景色には感動を覚えます。今回も親友Nの好意で能登半島へ行きます。
電話やメールで年中、N君とは交流をしていますが、会うのは年に4回<春秋に彼がこちらに来て、僕が夏冬行く>ですが、Nに会い裸の自分になって時を過ごす事ができる、
それが僕には何物にも代え難い格別な至福の時間です。
もうすでに秋の来阪日程が、決まっていて『osaka blueーnote』で、柳 ジョージの公演~何故?柳 ジョージなのか僕には分かりませんが、Nが決めました。
[PR]
by kazewokiru | 2006-08-04 12:50 | 日々の雑感 | Comments(0)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru