風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

メーカー直販

c0066514_18131780.jpg●国内自転車業界の最大手『SHIMANO』からー直販サービスの案内状が届いた。シマノと言えば、今や世界のSHIMANOでシマノ無くして自転車は語れないし存在しないと言っても過言ではない。
 元来、我々の業界も自転車製造メーカー→一次問屋→二次問屋→小売店→ユーザーと、商品の流れであったものが、メーカーからダイレクトに商品が流通するようになった。そしておそらく部品メーカーの直販サービスなるものは、初めてのことでは?我々末端の販売店では、有り難いことではありますが、時代とともに問屋さんも淘汰されてはいますが、問屋さんの扱い品目にシマノ製品が消えていくのか?と、気の毒に思えます。シマノが、問屋を見捨てたのか?高級部品から一般部品に至るシマノの全製品7000種類が、全てネットで注文できるシステムとなっている。支払いは某信販会社を通じ銀行引き落とし店の全景写真2枚を添付して審査~
ここにも顔を見ない物流が誕生します。
[PR]
by kazewokiru | 2006-07-30 18:37 | 輪談 | Comments(0)

神戸花鳥園へ

c0066514_11142084.jpg●とも君の幼稚園も夏休みに入りました。
「夏休みに入ったら綺麗な鳥を見に連れて行ってあげる。」と、言ってたのを覚えていて、私の休みを狙い撃ちしたかのように(いつも)早朝から電話が鳴る・・・
「じぃーじ!夏休みなったから、鳥さん見に行こう!」
自治会の夏祭りの打ち合わせを早々に済ませ、
神戸ポートアイランドへ!
神戸港沖の埋め立て地の中に神戸空港に隣接して花鳥園があります。埋め立て地の開発はまだまだこれからのようですが、将来の臨海副都心を思わせる広大な土地には、すでに道路が完成しており、これから企業誘致が進んでいくのでしょうか?このままでは埋め立てをしただけ。
c0066514_11592020.jpg
c0066514_12113482.jpg園内には、フクロウ・シロムネオオハシ・オオサイチョウなど「野生の王国」で見るような珍しい鳥がたくさんいましたが、とも君は、珍しくも無いペンギンが気に入ってたようで~
「とも君、ペンギンは犬?猫?鳥?」と、聞きますと、しばし考え「ペンギンは、生き物!」と、大まかな答え。係りの方に、これだけの珍しい鳥を何処で捕獲したのか?を尋ねましたら、「ペットショップで買っています。」と、何とも愛想の無い簡単な答えに肩透かしでした(笑)。
#入園料は、大人1500円ですが、何故かスーパーイズミヤのメンバーズカードを提示しますと10%offー何処にも案内はされていませんが、家内が知人に聞いていたのでカードを提示しますと1350円ー駐車場1時間30分無料。
[PR]
by kazewokiru | 2006-07-25 12:21 | 街角の風景 | Comments(0)

いつも頭の片隅に

c0066514_11394046.jpg●とし先生、暑中お見舞い申し上げます。メインHPの表紙を担当(笑)して頂いている恩師の『とし先生』が、7/8に更新して下さっているのを今発見しました。「あまり僕の事を神格化しては、いけません。」と、強く言われていますので神格化していませんが、相変わらず、僕の頭の片隅には勝手に
とし先生が常駐しています。
今日は、出講日かぁ・・
雨の日は、何処を散策されてるんだろう?こんな事が、漠然と頭の中を過ります。
このブログに「とし先生」の事を何度か触れていますが、実にエネルギッシュな第二ステージをお過ごしの日々で『第二ステージの見本』のように僕には思えます。
ご自身が、現職時代に出来なかった事を精力的に好奇心一杯で楽しんでおられ、
ご専門の電子社会に溶け込み悠々と生きておられる様は、過去に裏打ちされた生き様を物語っているように感じます。(あまり大そうに表現しすきると、怒鳴られそう)
無駄の無い有意義な時間の過ごし方のお手本として、いつもしっかり伝わってきます。
[PR]
by kazewokiru | 2006-07-18 12:20 | 日々の雑感 | Comments(0)

変な日本語

●最近は、ペットブームで「ワンちゃんお元気?」と、お互い挨拶代わりに言葉を交わすことがあります。月に一度程度ですが、顔を合わせる方は、まだお若いのに(笑)、いつもいつも同じ事を尋ねられ、こちらはその都度、実に不愉快になります。「まだゴールデンは、居てるのですか?」以前は、「まだ3匹居てるの?」でした。直訳すると「あなたの飼い犬は、まだ生きてるのか?」と、なりますが。この方も我が子のように犬を大切にされておられ、自分の事を<お母さん>ご両親の事を<おじいさん・おばあさん>と、犬の前では呼んでいます。散歩をされている時、目が合えばこちらへやって来るので、いつも犬とじゃれ合いながら会話をします。非常に丁寧な言葉なのですが、お目に掛かりますと、いつも同じセリフの連発に嫌悪感を抱いてしまいます。このご丁寧なご挨拶は10回や20回ではない!いつも「はぁ?」とだけ返事を。自分は単なるカンシャク持ちなのか?(笑)
c0066514_17301945.jpg*     *     *
人間同士の伝達手段は、いくら世の中がWebの時代であろうとも<言葉>が、
最優先され、生の会話なり話す表情によってのみ、お互いの意思の疎通が計れると言うもの。『丁寧語』であろうが『タメクチ』であろうが、自分の本心を自分の言葉で相手に正確にに伝えている事が、本当に出来ているかどうか?が、大切。

←(我が家のお嬢さんと同じ犬が、
  外遊先の湖の畔にいたそうです。)
[PR]
by kazewokiru | 2006-07-11 18:07 | 日々の雑感 | Comments(0)

家事は大変

c0066514_1665667.jpg
c0066514_16472985.jpg●昨晩、奥方はCanadaを充分に
満喫され長旅から無事帰国。
子育てをほぼ終了しているので、自分の為の時間を確保して外に出て行動して欲しいと、優しい主人は願っており(笑)、年に数回、何の心配も無く気軽に旅行に出かけて行きます。
カナダの土産話は、迎えに行って、家に帰って、寝て、起きて~ずっとしていました。<カナダは、移民の国・若年ホームレスが多い・公衆トイレが汚い・治安は良い・ファッションセンス悪い・ナイアガラの滝に感動!・日本車が目に付く・飛行機15時間・朝晩の寒暖の差がある・野生のリス・世界一の展望台550m・博物館・地下    (↑お土産の定番メイプルシロップ )         鉄・大麻は合法・刺青をしてる若者
                               が多い~その他・順不同> 
 留守の間、主婦の真似事で掃除、洗濯、食事以外の家事してました。主婦の仕事は、実に多様で自分には、とてもじゃないけど何一つ出来ない。奥方は、帰宅後すぐに家の中を片付けていましたが、さすがにベテラン主婦で、あっと言う間に家の中が整頓されていく様子と手際の良さ・・家事の様子を今まで観察した事など無かったけれど、感心して眺めてしまいました。男に生まれてつくづく良かった。
[PR]
by kazewokiru | 2006-07-08 17:10 | 日々の雑感 | Comments(1)

素直な心

c0066514_1434237.jpg●昔、松下電器の関連会社に勤務していましたので、懐かしさも手伝い毎月配信されてくる松下電器のメールマガジンを興味深く読んでいます。メルマガの中には、創業者 松下幸之助のコラム<一日一話>が含まれています。(松下のHPからも読めますが)松下幸之助さんと言えば『素直な心』や『青春とは心の若さである』が有名ですが、今月は、『素直な心』に触れたコラムです。会社勤務時代には、よく幸之助さんの本を読みました(買わされた・笑)が、今でも書店やスーパー等に、並べられている
PHPを立ち読みする事があります。
 創業60周年記念の際に頂いた「松下電器の歩み」の中には、幸之助さんが、わずか6歳の時に故郷の和歌山県紀ノ川を親元から離れ火鉢店に奉公に出る様子から60周年に至るまでのご自身を細かに回顧された本も手元にありますので時折目を通す事があります。
c0066514_16113924.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2006-07-04 16:04 | 人間観察記 | Comments(0)
c0066514_1012385.jpg●ニッポンの善き習慣か?悪しき習慣か?は、別にしまして、今はお中元シーズンです。
 毎年、盆暮れに、お取引先などから頂戴する度に思うことがあります。頂戴していて言うのも変ですが、届け方に問題あり!せっかく相手先に礼を尽くす為のお届け物を宅配便では、モッタイナイ。遠方なら仕方の無い事ですが、近場なら相手先を訪問し相手方に直接会い、趣旨を述べお渡しするのが本筋ではないだろうか?それで初めて贈り主の誠意が伝わる。相手の顔を見ずして宅配業者に届けさせるのでは、宅配業者に「ありがとうーご苦労様」でしかない。贈り主の事情もあるので、
一概には言えませんが。<近場から贈って下さった方、ゴメンナサイ&いつも有難う>
真心の本来の伝え方を「人に厳しい自分に甘い」自分が、ついつい考えてしまいました。
[PR]
by kazewokiru | 2006-07-03 10:59 | 日々の雑感 | Comments(0)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru