風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

言葉の力

●今日で2月も終わり。政治・経済・芸能ネタに加えトリノ五輪とワイドショーの記者も評論家も視聴者も日替わりメニューで大忙しでした。国会も本来なら4点セットで自民vs民主の論議がなされるはずであったのに、民主N議員の自爆発言により4点セットは、ボケてしまい、耐震偽装等の懸案は何処かへ吹っ飛んでしまった。今TVでは、民主党の謝罪会見なるものを放映していますが、貸しを残してこれで一件落着か?社民党のT女性議員もそうであったけれど、あれだけ元気な爆弾発言を連発していた人が、正反対の表情に変わった謝罪会見は記憶に新しい。間違いであれば言い訳をせず素直に詫びる事が本来の姿であり、本人の将来にも繋がる。今後も旧社会党楢崎さんに似た個性的な議員になってもらいたいもの。攻めの野党がこれでは?と、情けない。c0066514_15133284.jpg
●本来、人間の言葉は重いもので、何年たっても、特に執念深い人には(笑)その時々の言葉はいつまでも生きている。集団の中の<個>であれば、まだ守ってくれる仲間もいるけど、私など一言多めの<個>は、充分注意をしなければ。
[PR]
by kazewokiru | 2006-02-28 15:34 | 日々の雑感 | Comments(0)

お雛様

c0066514_1052672.jpg●皆さんからは、「クマさんのぬいぐるみみたい」 ママからは「男前やねぇ!」と、お褒めを頂いておりますが、可愛いお嬢様です。子供部屋に溢れていたオモチャを整理しフローリングの床に畳を敷きお雛様を飾りました。本人は何の事か解らんでしょうけど前に座らせ記念写真を一枚。昼間は、とも君が、叫びまくっているので、お昼寝もままなりませんが、おかげで夜は9時前から朝までグッスリのようです。努力はしているのですが、気持ち良くマルマルとしているので寝返りがなかなか困難な現状。近頃、声を出して笑うようになりましたー5ヶ月と11日。
[PR]
by kazewokiru | 2006-02-27 11:12 | 家族紀行 | Comments(0)

三国「望洋楼」で蟹三昧

c0066514_11411834.jpg●三国漁港にある老舗旅館「望洋楼」で蟹三昧に舌鼓~親友Nの招待で2泊3日。北陸の2月にしては、珍しく晴れ渡り、旅館の部屋からも波静かな日本海が一望でき、煩わしい雑踏から離れ静かに時の流れを感じる至福の時間を過ごしました。



c0066514_1819093.jpg

c0066514_11314071.jpg

●福井市内の雪は、殆ど解けていますが、山間にはしっかりと積雪が。
c0066514_1242615.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2006-02-21 11:58 | 街角の風景 | Comments(0)
c0066514_1235916.jpg●阪神パーク跡地に建ったララポート。大型店舗法の規制緩和により、大型施設跡地や工場跡地には、今も大型店の出店ラッシュが続いています。子供の頃には、小学校の行事で写生会や遠足に利用したり、家族でもお弁当持参でよく遊びに行った阪神パークですが、利用者の激減で転売され、周辺は新しい街に生まれ変わっています。甲子園駅から現地まで徒歩10分の歩道には、今も動物たちの彫刻が、何故か寂しく名残として建ち並んでいますが、そこに阪神パークがあったことを知らない人にはミスマッチなのでは。
 今年に入り、近所の商店街では、3軒閉鎖。同地域同業種の競争から商店街vs大型店・大型店vs大型店へと自由主義社会の競争が移行しています。地域に根付いた小売店は、ますます淘汰され、このまま地域から置き去りにされていくのか?
[PR]
by kazewokiru | 2006-02-07 12:24 | 街角の風景 | Comments(0)

念ずれば

●『念ずれば花開く』『疑えば花開かず』
苦しいとき母は、いつも口にしていた。この言葉を私もいつの頃からか唱えるようになった。そしてその度、私の花が不思議とひとつひとつ開いていった。(詩人・坂村真民)
 自分は、根っこが弱いので、その時々に出会う詩や言葉をノートに書きとめています。
人間には、<喜怒哀楽>があるので、いつも平常心で静かに世間的な関わりを保つ事は、なかなか困難なもの。深く考えれば、究極の所、人生は一筋縄ではいかない・・と。何か事が起これば、選択を余儀なくされるー人生は、選択の連続。自分は、何を背負って生きているのか?そんなに大層な事を考えて生活している訳ではないけれど、実り豊かに生きて行くための選択は難しい。「餌に飛びつく人生」と「夢に飛びつく人生」がある事を何かの本で読んだ記憶がありますが、現実性か可能性かの選択でもあります。
自分にとって都合のいい未来図は描けるけれど、現実には都合のいい未来など在りえないわけで、不確実な未来というものを意識せざるを得ない。難儀が起こる事を想定していつもこんなことを心に留めていますが。
c0066514_1332584.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2006-02-03 13:23 | 日々の雑感 | Comments(2)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru