風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

恩師との関わり

c0066514_1042423.jpg

●5年前、古くなった電話帳を新しいものに写し換えていますと、懐かしいお名前に目が留まり、どうなさっておられるのか?ご自宅に電話を掛けた。何度か面識のありました奥様が、電話口に出られ、まだお戻りでないとか・・ご帰宅後にお電話を頂き何十年振りかのお声を聞く。現在は38年間の公職から離れて、ご褒美の第2ステージ2年目を迎えておられ、醸造の時間を解き充実した日々を過ごしておられます。明日から4月に入るので、カレンダーを捲りますと<ユネスコ世界文化遺産>に指定されている南イタリアのトゥルッリと呼ばれる家々の写真(松下電器カレンダーより)~先日、イタリア旅行から戻られた先生の事を思い浮かべ投稿しました。                                      ●何千人、何万人もの生徒さんを指導され世に送り出した中の自分は一人にすぎないわけですが、こうして恩師と何らかの関わりが保てる事は、今の自分にとっては、大変貴重でかけがえのないものです。日頃は、何かとMLで連絡をさせて頂いており、『自分が、素直な自分になれる時』を感じ、胸襟を開くことができます。先生⇔生徒の域を超えることは出来ませんが、むしろその方が、僕にとっては心地いい。                     <今朝は、先生から3歳になられるお孫さんの画像が2枚送られてきました。>
[PR]
by kazewokiru | 2005-03-31 12:33 | 日々の雑感 | Comments(0)

ワンワン大好き!

c0066514_12135026.jpg

●パパの実家には、犬が3匹、ママの実家には、犬1匹と猫7匹がいます。ともくんは、犬の名前から、二人のばぁ~ばを、『マルちゃんのばぁ~ば』『キティちゃんのばぁ~ば』と呼びかえています。この日は、雨~外で遊べないので、お気に入りの黄色い長靴履いて、ペットショップのはしご。お昼寝中の犬をことごとく起こしてまわりました。●<現実的ですが>世の中は、癒しを求め空前のペットブームの中にあります。月齢を重ねていきますと、値段は反比例して下がっていきます。ブリーダーさんにより繁殖された可愛いペット達が、健全に売買されて欲しいものです。
[PR]
by kazewokiru | 2005-03-24 12:43 | 家族紀行 | Comments(0)

雨なので・・

c0066514_14373335.jpg
●春先は、雨が多いと言うが、朝から雨。お客さんが、少ないので、日頃出来ない仕事を済ませ、手元に置いてある『相田みつを』の詩集をまた読み返している。素朴・素直な言葉で書かれている詩は、いつ読んでも人間の根幹を捉え、読む人に感動を与えてくれる。いつ頃何処でだったか、記憶は定かではありませんが、まだメジャーになられていない頃、『しあわせは いつも じぶんの こころが きめる』という詩に、出会いショックを受けた。それから数年後、娘が中学3年の通知表の裏に、この詩が貼り付けてありました。世に出ている相田さんの詩は、殆ど暗記していますが、活字を見ると趣が違う。今までに、何度か作品展にも足を運びましたが、作品の前で立ち止まり涙しておられる方をいつも目にします。
#<you decide your own happiness>ーアメリカの友人は、訳していました。
c0066514_14232327.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2005-03-17 14:31 | 日々の雑感 | Comments(0)
c0066514_11212035.jpg●ジャンルを問わず音楽は好きなので、大阪城ホールへ『にっぽん演歌の夢祭り』を見に行って来ました~広いホールは、ほぼ満員で年齢層は殆ど50~60歳以上。カラオケでは、「五木ひろし」の歌をよく歌いまが、雰囲気・声量・・やっぱり凄い!本物には、かなわない。昨日は、五木さんの57歳の誕生日とか。紅白歌合戦で恒例の美川vs小林のど派手対決も披露され本人の顔が何処にあるのか?わからないほどのキラキラ衣装、「電気が消えなくてよかったわ。」美川憲一独特の口調が面白い、あっというまの2時間30分。娘は、殆ど居眠り状態だったけど、今年78歳になる義母は喜んでくれた。c0066514_11221998.jpg●夕食を済ませ家に帰ると玄関先に花束。どうやら娘のボーイフレンドからホワイトディのプレゼント~手紙が添えていないと、本人は喜びながら怒ってる。
c0066514_1122494.jpg●今朝の愛犬マルちゃんと散歩途中の公園・・今日の一日が始まりました。
[PR]
by kazewokiru | 2005-03-15 11:46 | 日々の雑感 | Comments(0)

ガンバレ!琢磨!

c0066514_13585472.jpg
F-1グランプリが開幕した。世界を舞台に転戦してまわる、これほどタフなスポーツは、他に例を見ない。過酷なレースは、まさに血湧き肉踊るという表現が、見る側にとっては打ってつけである。ドライバー同士の駆け引きはもとより、ピット内での無駄な動きのない俊敏な作業にも目が引かれる。今年、佐藤琢磨は、どんなパフォーマンスを我々に見せつけてくれるのか?琢磨!世界の頂点へ駆け上がれ!
[PR]
by kazewokiru | 2005-03-06 14:17 | 日々の雑感 | Comments(0)

『優しい時間』

c0066514_11352613.jpg

時代の変化とともに、希薄になりつつある人間関係に警笛を鳴らし、慌しい日々の生活の中に埋もれ忘れかけている、純粋で素朴な奥深い人と人との関わりを、この作品でも倉本 總さんは、人間が本来持ち得ているであろう『優しさ』を思い起こさせてくれる。人は人に優しくなくてはならない『優しい時間』とは、実にいい題名。心酔していた『北の国から』の続編を見ているような錯覚になり、あっと言う間の1時間です。
[PR]
by kazewokiru | 2005-03-04 11:43 | 日々の雑感 | Comments(0)

イルミネーション?

c0066514_10561746.jpg昨夜、所要で西宮北口へ行きました。阪神・淡路大震災では、甚大な被害を受けた地域ですが、今は、商業地域と住宅地域が、うまく区分けされています。阪急西宮北口駅から西へ約200メートルのところを南北に流れている水路には、イルミネーションが点灯されていました。
c0066514_11251228.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2005-03-03 11:23 | 街角の風景 | Comments(0)

昆陽池の白鳥

c0066514_128229.jpg

渡り鳥が、飛び去って・・水辺の白鳥は春を待っています。
[PR]
by kazewokiru | 2005-03-01 12:10 | 街角の風景 | Comments(0)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru