風を切る

kazewokiru.exblog.jp
ブログトップ

2012年 06月 23日 ( 1 )

息子からの贈りもの

家の中でも外でもいつでもどこでもよく喋る父(僕)に比べて、寡黙な息子は年々父親に似て来ていると皆が言う。息子は、僕の仕事の事を何かと気に掛けてくれて知人を紹介してくれたり、思い掛けなく店の装飾品を届けてくれたり。今日は、その両方でした。
c0066514_17102075.jpg
友人同志で費用を持ち寄りプレゼント用の自転車を購入しに来てくれました。
帰り際に3つのパッケージをテーブルに置くので「これ何?」「置物」というので人形でも入っているのかと、おもむろに中を開けると自転車の置物で24K Gold Plated CRYSTAL TEMPTATIONSとラベルが下がっている。急いで「いつも気に留めてくれてありがとう。でも無駄遣いはしないで・・・」とメールをしましたら「高価なものじゃないから気にするな」と返事がありました。「息子には相当投資をしたから大人になったら返してもらわないと割が合わない」(笑)家内と冗談で良く話したものです。僕自身は、息子の年齢の頃は既に親は他界しており親孝行らしい事をした記憶が全くありませんので、、、
「親孝行は親が生きている間に」と子供達にいつも強要していますが気にしないで。
c0066514_17335177.jpg

[PR]
by kazewokiru | 2012-06-23 17:40 | 家族紀行 | Comments(2)

特技「余計な一言」      職業「街の自転車屋」since1985


by kazewokiru